ビジネスマインドセット研修



新人社員に求められるスタンス「STARの観点」をグループワークを通じて理解します。
また、ビジネスの疑似体験を通じて、その基準を体得する研修です。

プログラム概要

対象 新入社員
テーマ ビジネスマインドセット(スタンス)強化
所要時間 2日間もしくは3日間
実施形式 5~6人1組のグループを基本としたグループワーク、実践
その他 満足度アンケート結果
2019年 4.81点/5.00点
※参加者に5段階の満足度調査を実施
  2019年度は9,840名の参加者にアンケートを実施
  • “自ら考え、判断行動する” 社会人に求められる「STARの観点」を理解し、ビジネスシミュレーションを通じて実践する。
  • 実践を通じて、自分自身が「社会人として望ましくない暗黙の前提」を持ってしまっていることに強烈に気づかせる。
  • 実践を通じて、「社会人として発揮すべきSTARの基準」を理解する。

プログラム終了後に目指す姿

  • 「自ら考え、判断行動する」社会人になるために、STARの観点の必要性を理解している。
  • STARの実践を通して、自分自身が「内向き」「自己防衛」などの望ましくない前提を持ってしまっていることに気づき、社会人として発揮すべきSTARの基準を理解している。
  • 「STARの観点」における自分自身の強み、弱みを理解し、今後自分自身を変革していこうという意思を持っている。

本プログラムのポイント


新入社員のスタンスを強化するステップ

スタンスを強化するためには、新人の表面的な「望ましくない言動」を正すのではなく、新人の深層に存在する「望ましくない暗黙の前提」にアプローチする必要があります。

具体的には《①「望ましくない前提」を持っていることに気づかせる、②「望ましい前提」へと導く、③「望ましい言動」が実践できるよう背中を押す」》の順番で新入社員の深層(暗黙の前提)にアプローチするステップを辿ることが必要です。


「自ら考え、判断行動できる人材」に求められる観点

「自ら考え、判断行動できる人材」になるためには、下記のSTARの観点を基準高く実践することが求められます。



あなたの組織課題や目指すべき未来から最適なソリューションをご案内させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせをお願いします。

お見積りはこちら

ビジネスマインドセット研修 導入事例CASE