ロジカルシンキング研修



本ページでは、ビジネスを合理的に進めるためのロジカルシンキングを実践するための観点と、フレームや思考方法を習得し、再現性のある課題解決力を身につけるリンクアンドモチベーションのロジカルシンキング研修をご紹介します。

下記のような課題・ニーズにお応えします
  • ロジカルシンキングを使いこなすことの必要性と重要性を理解していない
  • ビジネスを合理的に進めるための、基礎的なロジカルシンキングのフレーム・観点を知らない
  • ロジカルシンキングの観点は知っているものの使い方のイメージがなく、実践できない

▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら サービス紹介資料ダウンロード



ロジカルシンキングとは

ロジカルシンキングとは、「課題解決のために、情報を整理し、周囲と合意をとりながら最適解を導くために必要なスキル」です。自身で課題の解決策を導くだけでなく、周囲と合意をとる、つまりコミュニケーションをとるためのスキルであるため、ロジカルシンキングはビジネスを円滑に進めるためのコミュニケーションスキルの1つと言うこともできます。


ロジカルシンキングはなぜ必要

ロジカルシンキングとは、先述の通り「課題解決のために、情報を整理し、周囲と合意をとりながら最適解を導くために必要なスキル」です。ビジネスを抽象化すると、このスキルは職種・年次に限らず、誰しもが持つべき汎用的なスキルです。

ポイント①:自分自身で情報を整理し、考える力を身に着けることができる

課題を解決するためには、まずは情報を整理し、課題の原因を考える必要があります。情報社会である今日に、大量の情報をもとに現状を整理し原因を考えるためには、情報を整理するための箱や原因を考える道筋(いわゆるフレームや思考方法)をもっておくことが必要となります。

ポイント②:相手に分かりやすく伝えることができる

課題解決のために、自身で原因を突き止められたとしてもそれは答えではありません。ビジネスの世界は、様々な考え方や主観をもつ「人」の集まりです。そのため、自分の中で納得できる結論が出ても、相手に理解・共感・納得をしてもらわない限り、その結論に意味はありません。では、相手に伝える際に、フレーム等を用いて論理的に考えた結論を伝えるのと、感覚的に考えた結論を伝えるのでは、どちらが理解・共感・納得を得やすいでしょうか。答えは明確に前者です。つまり、ロジカルシンキングを用いることで、相手に分かりやすく伝えることができます。

ポイント③:相手と合意を取りながら、最も良い結論を導き出すことができる

上記で述べたように、ロジカルシンキングを用いて相手に考えを共有することで、まずは共通認識をつくることができます。その上で、最終的には相手と合意をとりながら課題解決に向けて、「原因は一旦これにおいてみよう」「では解決策は何にしよう」というように、結論を導き出さなければなりません。その際に、お互いが感覚的に意見をしあうだけでは収束がつかない可能性が高いです。(もちろん「アイディアの発散」が必要なシーンもある)そこで、 共通のフレームや思考方法を活用することができれば、これらの問題にかける時間を最小限に抑えることができます。


ロジカルシンキング活用における間違ったイメージ

改めてにはなりますが、ロジカルシンキングとは、「課題解決のために、情報を整理し、周囲と合意をとりながら最適解を導くために必要なスキル」であり、ビジネスを円滑に進めるためのコミュニケーションスキルの1つです。 しかし、一般的にロジカルシンキングとは、「とにかくフレームを勉強して、フレームの手数を増やすこと」「フレームを使って答えを出すこと」「論理的に考えることが得意な人が使うスキル」というように考えている人も多いです。本章では、ロジカルシンキングに対する、よくある間違ったイメージを見ていきます。

間違ったイメージ①:フレームの手数を増やすことがロジカルシンキングを習得することである

3C、BP、PEST・・・世の中には多数のフレームがあります。それらのフレームを知ることがロジカルシンキングを習得することと捉えている方がいます。もちろんフレームを多く知っているに越したことはありませんが、フレームを知って いても使い方を知らないければ、それは絵に描いた餅になります。フレームは、課題解決のために適切なフレームを選択し、そのフレームを活用しながら結論を導き出せて初めて勝ちを発揮するものです。そのため、フレームを「知る」ことをロジカルシンキング習得のゴールに置いてはいけません。

間違ったイメージ②:フレームを使えば答えを出すことができる

よく、フレームで整理して導いた結論を「答え」だという方がいますが、それは「答え」ではありません。なぜなら、ビジネスの世界に「答え」は存在しないからです。また、先述の通りフレームを使えば最適解を導くことができますが、それが最適解か否かは、周囲とのコミュニケーションの中で決まることです。フレームを使用しても「答え」を導き出すことはできません。

間違ったイメージ③:論理的に考えることが得意な人が使うスキル

ロジカルシンキングに対し、苦手意識を持っている人は少なくないのではないでしょうか。ですが、そのような人たちは往々にして「苦手」なのではなく、ロジカルシンキングの「活用方法が分からないだけ」であることが多いです。ロジカルシンキングの本質は「○○だから○○である」という思考プロセスです。日常に落とし込むと「お腹が空いたから食事をする」という行為もある意味ではロジカルシンキングなのです。つまり「ロジカルシンキングができない」 なんていうことはなく、日々の意識次第でいくらでも活用できるようになるのです。

ロジカルシンキング習得における有効なアプローチ

では、どのようにしてロジカルシンキングを習得すればよいのでしょうか。 ポイントは「そもそもロジカルシンキングを習得することの重要性を理解すること」「ロジカルシンキングのフレーム・ 思考方法を習得すること」「フレーム・思考方法の使い方を理解し、使える感覚を身に着けること」の4点です。


リンクアンドモチベーションのロジカルシンキング研修のサービス概要

論理的に思考するために必要な「思考の7つ道具」の使い方を、実践形式のワークによって理解する研修です。 リンクアンドモチベーションのロジカルシンキング研修のポイントは下記3点です。
①そもそもロジカルシンキングを習得することの重要性を理解する
②ロジカルシンキングのフレーム・思考方法(本研修では「7つ道具」と呼ぶ)を習得する
③フレーム・思考方法の使い方を理解し、使える感覚を身に付ける

ポイント①:ロジカルシンキングを習得することの重要性を理解する

よく「今日はロジカルシンキングを学びます。まずは、3C分析です…。」というように、いきなりフレーム・思考方法の理解を始めるロジカルシンキング研修があるが、それではせっかく研修を受けても学びの吸収率が低くなって しまう可能性が高い。 リンクアンドモチベーションの研修では、「なぜ、ロジカルシンキングを学ぶ必要があるのか」という、フレーム・ 思考方法を学ぶことの必要性や重要性を感じてもらった上で本題に入る。まずは、学ぶ土台を作ることが大事である。

ポイント②:ロジカルシンキングのフレーム・思考方法(本研修では「7つ道具」と呼ぶ)を習得する

ロジカルシンキングのフレーム・思考方法は世の中に多く存在するが、一気にたくさんを学ぼうとしても、 使いこなすことができない。そのため、本研修で基礎的であり、汎用性の高い7つのフレーム・思考方法(7つ道具)に絞り学ぶ。
(1)分類:情報や目的に応じてグループ分けを行う
(2)ラベリング:分類したグループに名前をつけることで複雑性を縮減する
(3)構造化:情報を”ダブリ”や”モレ”なく、わかりやすく整理する
(4)マトリクス:2つの情報を組み合わせることで可能性の縮減と創出を行う
(5)選択基準:選択肢を絞り込む際に活用する
(6)切り分け:問題が起きている際の原因を突き止める
(7)システム思考:要素間の相互作用を踏まえて意思決定する

ポイント③:フレーム・思考方法の使い方を理解し、使える感覚を身に付ける

先述の通り、フレーム・思考方法を理解しただけでは意味はなく、そのフレーム・思考方法を「使える」感覚を身に付けることがロジカルシンキングを高めるために必要なことである。 リンクアンドモチベーションのロジカルシンキング研修では、7つのフレーム・思考方法を全てケースワークを通して学ぶ。そのため、実際にフレーム・思考方法において、研修の場で使う感覚を得ることができる。 また、研修の最後には日常生活において、どのようにフレーム・思考方法を活用するかを考える時間も設けて いる。そのため、「研修の場では使えたが、日常業務では使えない」ということがないようにできる。


講師情報・メッセージ

BOB

ロジカルシンキング研修
研修講師/柏倉 修司

講師メッセージ:
参加者のアウトプットに対して、周囲の理解・納得を得られるような情報編集のコツをお伝えします。それにより、日常の仕事の中でより効率的に業務遂行ができる状態を目指します。

研修内容について:
ビジネスにおけるロジカルシンキングとは、単に自分自身が納得のいく答えを見つけだすだけではなく、 仕事に関わる周囲の人々をも納得させることまでを実現することです。
本研修は、論理思考のためのフレームワークを理解し、“知っている”と“使える”の差異を認識して活用イメージを持つプログラムです。正解を出すのではなく、コミュニケーションの部分まで加えた 基本的かつ実践的な内容です。

あなたの組織課題や目指すべき未来から最適なソリューションをご案内させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせをお願いします。

お見積りはこちら

関連サービスSERVICE




サービス紹介資料ダウンロード