経営幹部育成研修



「VUCA」という言葉の流行に代表されるように、企業が外部環境に適応していくことの難易度は高まっていくばかりであり、経営視点を持った経営幹部・管理職の育成が多くの企業において急務となっています。この経営課題にお応えするのが、リンクアンドモチベーションの提供する経営幹部・管理職育成研修「リンカーン・プロジェクト」です。


▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら サービス紹介資料ダウンロード


本サービスによって解決される、経営幹部・管理職の課題

  • 経営幹部・管理職候補社員が自身の現在地を適切に知り、経営幹部に求められる基準との差を理解してほしい
  • 経営幹部に求められる役割を理解し、自身の過去の成功体験のみに基づいたマネジメントから脱却してほしい
  • 企業経営全体の方針や課題を認識し、上位方針に接続したビジョンや戦略を描き実行してほしい

一般的な経営幹部・管理職育成研修とは

一般的に経営幹部・管理職育成研修は、経営幹部や経営幹部候補に対して、求められる知識や技術などを習得させるための研修を差します。現在提供されている研修の形式は多岐にわたり、マス向けセミナー形式、少人数グループワーク形式、ボードゲーム形式など、目的に応じて様々な形の研修が提供されています。

リンクアンドモチベーションが考える経営幹部・管理職育成研修とは

リンクアンドモチベーションでは、企業経営における問題は「経営者」と「現場」の間に存在すると考え、「経営者」と「現場」の間をつなぐことが経営幹部・管理職に求められる役割であるという前提を置いています。その上で、経営幹部・管理職に求められる4つの機能「ビジョンマネジメント」「戦略マネジメント」「PDCAマネジメント」「メンバーマネジメント」をお伝えし、経営者が描いたビジョンを実現するためのスキルを提供します。

経営幹部・管理職育成研修の対象者

現経営幹部・管理職社員

既に経営幹部・管理職としての業務を行っているものの、求められる役割をそもそも理解していない、もしくは理解はしていても現場で実践できていなど、その業務遂行能力・マネジメント能力が不足している人材が対象となります。

経営幹部・管理職登用が期待されている中堅社員

近年、経営幹部・管理職育成研修は、まだ管理職世代ではない中堅社員を対象に実施される機会も増えています。主に、これから経営幹部・管理職の役割を任される次期候補、もしくはその可能性のある人材が対象となります。

その背景には、「登用が決まってから経営幹部・管理職としての能力を育成するのでは遅すぎる」「”次世代経営者”の育成も視野に入れ、早期に人材育成を実施したい」などの企業側の思いがあります。

経営幹部・管理職育成における課題

経営幹部・管理職育成においては、下記のような状態に陥りがちです。

課題①:経営幹部・管理職向けに評価研修やコンプライアンス研修はやったものの、実践できていない

経営幹部・管理職登用をするタイミングで、多くの企業が「目標設定・評価」や「コンプライアンス遵守」に関わる研修を実施しています。しかし、経営幹部・管理職にとって必要な知識やスキルを伝えるに留まり、本来求められる役割を遂行できていないという状況が散見されます。これは、そもそも経営幹部・管理職に求められる役割を本人に伝達できていないことが原因で、知識付与やスキル向上だけでなく、登用された役割に求められる業務範囲の理解や、姿勢・意識の醸成が必要です。

課題②:経営幹部・管理職がプレイヤー化している

ほとんどの企業では、現場で高い成果を上げたハイパフォーマーが経営幹部・管理職に登用されます。これにより、登用された経営幹部・管理職は過去の成功体験に基づく癖を持っていることがほとんどです。多くの経営幹部・管理職はその癖に基づいてメンバーを育成しがちです。そのため、同じ志向性を持つメンバーは成長するものの、そうでないメンバーは成長することができず、結果として本来任せるべき業務を任せることができずにプレイヤー化してしまいます。

課題③:経営幹部・管理職育成の研修を実施するものの、現場で効果が現れない

幹部育成・管理職育成研修を実施しても、多くの場合が研修参加者の一時的な意識醸成にとどまり、行動変革を持続的に促すことができていないという相談を多く頂いています。研修から持ち帰った学びが現場で実践され、成果につながる行動変革を実現するためには、一定の期間継続的にPDCAのサイクルを回していく必要があります。

課題④:経営幹部・管理職が現場のマネジメントに引っ張られ、経営側の意思が現場に伝わらない

現場の業務マネジメントはうまく行っているものの、経営側のビジョンや戦略を現場に適切に伝達できていないという状況もしばしば見受けられます。経営幹部・管理職は、所属部署のメンバーを管理しPDCAを回すだけではなく、経営と現場をつなぐという重要な役割を担っています。経営者のビジョンや戦略の現場浸透を担う存在として両者の立場を理解する経営幹部・管理職を育成することが重要です。

リンクアンドモチベーションの経営幹部育成研修のサービス概要

リンクアンドモチベーションの経営幹部・管理職育成研修では、今の企業経営に必要な観点だけではなく、そもそもの企業経営の在り方が変わってきていること、経営幹部に求められる役割期待も変化していることについての理解をまず促進します。それによって、変化することへの意識付けや動機づけを行った上で、観点理解やスキル向上を図ることで、現場での実践を強化します。

リンクアンドモチベーションの経営幹部・管理職育成研修の特徴

リンクアンドモチベーションが提供する経営幹部・管理職育成研修には、以下のような特徴があります。

①9か月~12か月にわたって定期的に実践→測定→内省のサイクルを回すことで参加者の継続的な行動変革を促す

研修参加者が自身のマネジメントスタイルを変えていくには、一定期間にわたって行動変革を促し続ける必要があります。リンカーン・プロジェクトは、研修参加者に9か月~12か月にわたって計11回のアクションラーニングプログラムを受講していただきます。

②参加者のマネジメント状況を可視化するサーベイを定量的な指標として用いる

研修参加者の態度変容を効果的を促すためには、参加者自身が適切に現在地を把握し、改善ポイントを明確にする必要があります。、リンカーン・プロジェクトでは、研修の入り口と出口において、職場における参加者自身のマネジメント状況を可視化する360度サーベイを用いることで、定量的な目標設定をもとにした納得感のある改善活動を実現します。

③経営幹部・管理職に求められる機能を4つに整理し、総合的にスキル向上を図る

リンクアンドモチベーションでは、経営幹部・管理職に求められる役割を下図のように整理しています。リンカーン・プロジェクトは、経営者が描いたビジョンを実現するための「戦略マネジメント」「PDCAマネジメント」「メンバーマネジメント」を学び、特定の領域に偏るのではなく総合的なスキル向上を図ります。これにより、現場の業務マネジメントだけではなく、経営側の意図を汲み取り現場に浸透させることができる経営幹部・管理職を育成します。

経営幹部育成研修で目指す姿

・経営幹部が経営者と現場のコミュニケーションのつなぎ目=結節点として機能している

・経営幹部が経営者のビジョンや戦略を理解できている

・経営幹部がビジョンや戦略を現場に落とし込めている

・結果として、経営者のビジョンや戦略が現場で実行されている

あなたの組織課題や目指すべき未来から最適なソリューションをご案内させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせをお願いします。

お見積りはこちら

関連サービスSERVICE




サービス紹介資料ダウンロード