ビジネス実践研修



新人社員に求められるスタンス「STARの観点」を
日常業務に近い上司への報連相シーンにおいて実践する研修です。


▼【新入社員育成のポイント】が分かる資料はこちら 新入社員早期戦力化3つのポイント



解決する課題・ニーズ

  • 新人に必要なビジネススタンスを理解したものの、日常業務で実践するイメージがない
  • 日常業務で具体的にどのような行動をとるべきなのかが明確になっていない

新入社員に必要なビジネススタンスとは

リンクアンドモチベーションでは、 時代の変遷とともに大きく変わる新入社員の特性を踏まえた上で、 表面的な知識付与ではなく、意識と行動を変革する研修プログラムを提供します。

新入社員のスタンスを強化するステップ

スタンスを強化するためには、新人の表面的な「望ましくない言動」を正すのではなく、新人の深層に存在する「望ましくない暗黙の前提」にアプローチする必要があります。具体的には《①「望ましくない前提」を持っていることに気づかせる、②「望ましい前提」へと導く、③「望ましい言動」が実践できるよう背中を押す」》の順番で新入社員の深層(暗黙の前提)にアプローチするステップを辿ることが必要です。


スタンス強化の観点

「自ら考え、判断行動できる人材」になるためには、下記のSTARの観点を基準高く実践することが求められます。




研修で学んでも、日常業務で実践できない

ビジネススタンス研修でSTARの観点の重要性は理解できても、それを日常業務に接続し、行動に移せる新人は多くはありません。リンクアンドモチベーションの新人研修では、職場での報連相の場面を再現したリアルなケースワークで「分かる」と「できる」の違いを理解し、表明的な知識の付与だけでなく、意識と行動を変革していきます。


報連相における、新人の陥りがちな状態

陥りがちな状態①:要点がつかめない、伝わらない報連相

だらだらと状況を話すのみで、そもそも「報告」なのか「連絡」なのか「相談」なのか分からない状態。(Sayの観点の欠如)

陥りがちな状態②:目的が押さえられていない、無駄な報連相

目的が意識できていいないので、困っている状況だけ伝えて、相手に答えを求めてしまう状態。(Targetの観点の欠如)

陥りがちな状態③:話しかけるのを躊躇してしまう、削られる報連相

先輩への話しかけにくさなどから必要な報連相を怠ってしまい、自己判断で業務を進めてしまう状態。(Actionの観点の欠如)

陥りがちな状態④:相手への配慮を欠いた、自分都合な報連相

自分が相談したいことを一方的に相談し、相手の時間や理解度への配慮ができていない状態。(Roleplayの観点の欠如)


リンクアンドモチベーションのビジネススタンス実践研修のサービス内容

すべての新入社員が直面する報連相シーンを反復練習することで、「STARの観点」の発揮イメージを持たせる研修です。


ビジネススタンス実践研修のポイント

インバスケット方式の報連相の実践

複数のタスクに優先順位を付けながら上司に報連相してフィードバックを受ける、日常業務に近い実践型プログラムです。

振り返りを通じた基準の痛感

実践型のワーク終了後に、「STARの観点」で振り返りを行うことで、求められる基準に対する自身の甘さを痛感させます。


プログラム終了後の目指す姿

  • 「STARの観点」に関して「分かる」と「できる」の違いを認識している
  • 日常業務を実体験を持ってイメージすることができている
  • 周囲を巻き込み仕事を進めることの難しさを痛感している
  • ビジネスフィールドにおける基準の高さを痛感している

ビジネススタンス実践研修の流れ

ステップ①:STARの観点理解

STARの観点を再確認し、自分自身がどの程度実践できているかを振り返ることで、自分自身の現在地を把握します。

ステップ②:日常業務におけるSTARの実践に向けた実践ワーク

司役への適切な報告・連絡・相談を行う上で、日常業務においてSTARを実践する具体的なイメージを理解します。また、上司役からのフィードバックを抽象化して捉え直すことで、他の事象にも応用していく意識をもつことができます。

ステップ③:現場への接続

ワークの振り返りをし、配属後にSTARの観点それぞれにおいて何を意識して行動するのかを、具体的な行動レベルで整理します。