マネジメント研修



管理職に求められる役割「結節点」と、その役割を発揮するために求められる
「コミュニケーションの4機能」を理解し、管理職としての自己開発課題を設定する研修です。

目指す姿

  • 組織成立にはコミュニケーションが不可欠であり、マネジャーの役割は、「コミュニケーションの結節点」であることを理解できている。
  • 「コミュニケーションの4機能」の観点から、マネジャー自身の強みと弱みが認識できている。
  • 自分がこれから目指すべきマネジャー像を描いた上で、強みを伸ばし、弱みを克服できている。

サービスの特徴

中間管理職に求められる「結節点」としての役割を理解するとともに個人診断(管理職)「リンカーンサーべイ」を用いて現場での発揮度合いを把握し、課題設定を行います。

「結節点」の役割、「コミュニケーションの4機能」の理解

体感ワーク、ケースワークを通じて、管理職が担う「結節点」としての役割とその役割を発揮するために求められる「コミュニケーションの4機能」を理解させます。



サーベイを用いたアドバイススクランブル

サーベイを用いて個人分析で自身の課題を認識するだけでなく、同じ境遇のメンバーとグループセラピー形式でアドバイスをし合うことで、課題と目指す姿を言語化していきます。

あなたの組織課題や目指すべき未来から最適なソリューションをご案内させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせをお願いします。

お見積りはこちら

マネジメント研修 導入事例CASE