マネジメントコミュニケーション研修

メンバーが「やらされ感」を感じている状態ではパフォーマンスを発揮し続けることは出来ません。
目指すゴールに向けて「やらされ感」ではなく「やりたい」「やれそう」を感じさせるために、魅力付けを行ったり、達成可能性を伝えるコミュニケーションが必要です。

本研修では、マネジャー自身の経験や勘を頼りとしたコミュニケーションではなく、 再現性のあるアプローチによりメンバーのモチベーションを高める方法を習得します。
下記のような課題・ニーズにお応えします
  • メンバーのモチベーションを効果的に高める方法が分からない
  • 業務の指示をする際に、メンバーの意欲を換気する伝え方ができない

  • 部下や後輩へのアドバイスが気合論に陥りがちで、メンバーの行動が変わらない
▼【マネジメントの理解に必要なフレームワークと実践のポイント】が分かる資料はこちら

マネジメントコミュニケーション研修の目的とは

マネジャーやメンターなど、部下・後輩育成を任されている方にとって、メンバーのモチベーションマネジメントは必須のスキルです。

メンバーのモチベーションを効果的に高める方法を知らない場合、気合論や個人の経験に寄ったアプローチをしてしまう傾向があり、良かれと思って部下や後輩への指示やアドバイスをしたとしても、なかなか本人の行動は変わりません。

本サービスでは、マネジャー自身の経験や勘を頼りとしたコミュニケーションではなく、再現性のあるアプローチによりメンバーのモチベーションを高めるコミュニケーションスキルを習得します。

リンクアンドモチベーション
マネジメントコミュニケーション研修の特徴

ポイント①:直感や経験ではなく、心理学をベースにした学術的な背景のある”技術”を学べる

モチベーション、動機といった目に見えないものを、本研修では、「モチベーションの公式」というシンプルな原理原則に落とし込んで理解します。

気合論や講師の経験に頼ったマネジメント論ではなく、心理学等の学術的な理論を踏まえることで、個々の職場の状況に合わせて「どこでも」活用いただけるスキルを習得できます。

ポイント②:「受け入れる」ではなく「働きかける」

一般的なコーチングは、相手の中にある答えや想いを引き出すアプローチが主です。

しかし、本サービスでは、マネジャーが効果的にメンバーに働きかけ、自発的な行動を促すアプローチを学んでいただきます。

「メンバー起点」ではなく、「マネジャー起点」で関わり関係性を変えていくきっかけづくりにお役立ていただけます。

ポイント③:参加者本人の気づきを促す仕掛け

メンバーのモチベーションを高める方法を、一方的なレクチャーやディスカッションだけでなく、ゲーム性の高いワークを体感しながら学んでいただきます。

非日常的な設定からの気づきを促すことで、再現性のあるより深い学びを得ていただける内容になっています。

研修プログラム例

プログラム(1日間)
目的 内容
モチベーションの公式・効果の理解

エクササイズ バスケットゲーム
・体感ゲームを通じてモチベーションの公式を学ぶ

 

ケース モチベーション効果の詳細理解「目標の魅力」ラダー効果
・ラダー効果について、心理学的な背景も踏まえて理解する

 

ケース モチベーション効果の詳細理解「危機感」コミットメント効果
・コミットメント効果について、心理学的な背景も踏まえて理解する

 

 ケース モチベーション効果の詳細理解「達成可能性」マイルストーン効果
・マイルストーン効果について、心理学的な背景も踏まえて理解する

 

自己の振返りとアクションプランの立案

ワーク モチベーションの公式のまとめ&マネジメント特性チェック
・チェックシートにより、自己のマネジメント特性を客観的に把握する

 

ワーク 職場のモチベーションを高めるために
・職場状況や職場の課題を抽出し、職場のモチベーションを高めるアクションプランを立案する
・職場状況や職場の課題を共有しながら、グループ内でアドバイスをし合う
・アドバイスを受けて、アクションプランをブラッシュアップする

 

総括

受講者の声

  • 自分が感じたこと、考えたことをモチベーションの公式に当てはめて考えることで、気付きが有り面白かったです。
  • モチベーションを論理的に考える発想はこれまでに全くなかったので自分自身の今後に役立てたいと思います
  • まさに後輩のモチベーションを高く維持することができず悩んでいたので、今日学んだスキルはぜひ実践してみたいと思います。
  • 本で読んだだけではわからない部分をロールプレイや様々なワークをグループで行うことで理解できました。実際の部下や職場の現状と照らし合わせる部分も多かったので身のある研修になりました。

講師情報・メッセージ

マネジメントコミュニケーション研修
研修講師/田中 和彦
講師メッセージ:
「モチベーションの公式」は汎用的な考え方のため、様々な状況やそれぞれタイプの違う部下にも転用することができます。
この研修をきっかけに部下の「やりたい!やらなきゃ!やれそう!」という気持を引出し、モチベーションコントロールのコツを掴んでいただくことで、職場全体のモチベーション向上・活性化の一助になればと思っています。

研修内容について:
本研修では、管理職を対象に、部下のモチベーションマネジメントに必要な「モチベーションの公式」を獲得し、具体的なアクションプランを設計するプログラムです。
「部下のモチベーションの上げ方が分からない」、「マネジャーのやり方に部下がついてこなくて困っている」等のケースに有効です。エクササイズやゲームを織り交ぜ、「モチベーションの公式」(目標の魅力×危機感×達成可能性)を理解し、実践的に職場との接続を図ります。
結果として、「モチベーションの公式」という技術を学ぶだけでなく、その前提となる部下との信頼関係構築がマネジャーにとって最も大切であることを促します。
よくいただく質問

■リンクアンドモチベーションの研修の特徴は?

弊社では2001年より、企業に対するコンサルティングで培った ノウハウやセオリーを定式化し、教育研修を開発しています。 実際の職場での活用・実践を前提とした内容に加え、 体感型ゲームやグループワークなどを中心とした “楽しみ”ながら“学ぶ” 体感型の「エデュテインメントプログラム」 となっていることが特徴です。 また、弊社の基幹技術である モチベーションエンジニアリングを用いることで 単なる知識提供や意識変革ではなく、 参加者の「行動変革」を実現する研修となっています。

■研修プログラムの種類はどんなものがある?

「新入社員研修」や「管理職研修」といった階層別の研修から 「リクルーター研修」や「営業力強化研修」といったテーマ別の研修まで 企業様のニーズに合わせて幅広く実施しております。

■プログラム内容について相談することは可能?

可能です。 リンクアンドモチベーションの研修プログラムは、 企業様のご状況・ご要望に合わせてカスタマイズし、 ご参加者の行動変化が促進されるような 最も効果的な形でご提供させて頂いております。

■研修プログラムの費用はどの程度?

研修内容・実施人数によって費用は大きく異なります。 詳細は、お問い合わせページよりご相談下さい。

■研修プログラムの実施事例はある?

様々な規模・業界の企業様にサービスをご提供しております。 詳細は、実施事例ページよりご確認下さい。

あなたの組織課題や目指すべき未来から最適なソリューションを ご案内させていただきます。 まずはお気軽にお問い合わせをお願いします。

マネジメントコミュニケーション研修 導入事例

配管・建設用鋼管トップシェア S社様

個々人のモチベーションアップで 組織力を最大限に発揮。 新任管理職を対象に研修を導入された理由は?

関連サービス

マネジメント役割理解研修

「マネジャーの役割」を正しく認識させ、役割遂行に向けた意欲を喚起します。また、目指すべきマネジメント像に向けた課題抽出を行い、現場での行動に向けて具体的に何をすべきかを明確にします。

チューニング(方向付け)スキル強化研修

メンバーの行動を変えるためには、「なぜメンバーはその行動をしたのか?」という「深層」を見抜いたうえで、望ましい方向への納得感を醸成するスキルを開発します。

モチベート(動機付け)スキル強化研修

人が働く理由(=「モチベーションリソース」)と部下の思考・行動特性(=「モチベーションタイプ」)を理解し、効果的な動機付けを行うコミュニケーションを習得します。

管理職向け360度評価研修

個人診断(管理職)「リンカーンサーベイ」を用いて管理職としての行動を振り返り、自己開発課題を再設定しアクションプランを再策定する研修です。
※本プログラムは「マネジメント研修」のフォローアッププログラムです。

注目サービス

注目サービス01

新入社員研修

最新の新入社員研修を提供するリンクアンドモチベーションが、変化が著しい現代における新入社員のポイントを徹底解説します。 社会人として重要なスタンスや考え方について、「意識変革」だけでなく「行動変革」まで行い、習得へと導きます。
注目サービス02

管理職研修の内容と目的は?マネージャー等の管理職に必要な能力

マネージャーや管理職に必要な能力、管理職研修が必要な理由、理想の管理職研修の内容についてポイントをご紹介します。 資本/商品/労働市場での変化が著しい現代において一層重要なのは、現場の能率と効率の向上です。
注目サービス03

マネジメント役割理解研修 プログラム内容とその目標

マネジメントの役割は「メンバーを育てること」や「一流のプレイヤーとして成果を出すこと」ではなく、会社とメンバーをつなぐ「結節点」として、メンバーのモチベーションを高め、主体的な行動を引き出し、それを会社の成果につなげることです。 本研修では、「マネージャーの役割」を正しく認識させ、役割遂行に向けた意欲を喚起します。また、目指すべきマネジメント像に向けた課題抽出を行い、現場での行動に向けて具体的に何をすべきかを明確にします。

新着コラム

AQ(逆境指数)とは?IQ・EQとの違いや指数レベルについて徹底解説

AQ(逆境指数)とは、個人や組織が逆境に対処する力を指標化したものです。逆境に立たされたとき、それを乗り越える力は個人にとっても組織にとっても非常に重要です。本記事では、組織開発や人材育成などで注目されつつあるAQについて、その概念やIQ・EQとの違い、AQを構成する要素やAQの高い人・低い人の特徴などについて解説していきます。

帰納法・演繹法とは?考え方や活用シチュエーション例をご紹介

日常のコミュニケーションにおいて相手に自身の考えや気持ちを「伝える」ことは非常に重要になります。 しかし、「伝える」ことよりも「伝わる」ことが非常に重要になります。なぜなら、自分が伝えたことが意図しているように相手に伝わっているかはわからないからです。 相手に自分の意図した考えや気持ちが「伝わる」ために相手との「信頼関係」や「情理」が非常に大切ですが、構造的にわかりやすく伝える「論理」も同様に大切です。ここでは論理的に相手に伝える技術の一つである「帰納法」を掘り下げて述べていきたいと思います。

演繹法と帰納法の違いとは?考え方や鍛え方をご紹介

ロジカルシンキングの観点として、演繹法(えんえきほう)と帰納法の2つがあります。この2つは、高校数学で扱われる学校もあるため、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 ロジカルシンキングは、理系の学問に必要なイメージがありますが、社会人になると、あらゆる仕事において必要になってきます。今までロジカルシンキングを意識してこなかった文系の人や新卒の人は、特に苦手意識を感じてしまいます。

視座・視点・視野の違いとは?高めるメリットや方法を解説

皆さんは「視座が低い」「視点が違う」「視野が狭い」等のフィードバックをもらうことはあるでしょうか。 この記事では、「視座」「視点」「視野」のそれぞれについて説明し、「視座」を高めることによるメリットと「視座」を高める方法を合わせてご紹介します。 この記事が皆さんにとって「視座」を高めるきっかけになると幸いです。

フォロワーシップとリーダーシップの違いとは?役割や実践方法をご紹介

最近、「リーダーシップ」とともに「フォロワーシップ」というキーワードを聞いたことがあるのではないでしょうか?近年注目されてきている言葉で、あまりなじみがない方もいるかもしれません。 この記事では、フォロワーシップが注目されている背景や種類、活用方法などをお伝えします。

コーピングとは?種類や導入方法を徹底解説

ストレスに対処し、良い方向に転換させるコーピング(ストレスコーピング)は、プライベートだけでなく仕事においても心身ともに健やかに働くために重要視されてきているテーマです。 社内教育としての導入や、組織体制づくりに取り入れる等によって社員のパフォーマンス向上につなげようとする企業も増えてきました。 しかしながら、そもそもコーピングとは何か・一体どのように取り組めば良いのかという方も多いかもしれません。本記事では、コーピングの基礎知識や効果的な方法、取り入れ方についてご紹介していきます。

組織人事セミナー無料開催中

お問い合わせ

リンクアンドモチベーションは、
世界初の「モチベーション」を切り口としたコンサルティング会社です。

経営学、社会システム論、行動経済学、心理学などの学術的成果をベースに、
組織人事領域における様々な変革のご支援を行ってきました。

貴社にとっても最適なソリューションをご案内させていただきます。
まずはお気軽にご連絡ください。
ページトップへ戻る