コーチング(行動促進)研修



マネジャーやメンターなど、部下・後輩育成を任されている方にとって、メンバーのモチベーションマネジメントは必須のスキルです。このプログラムでは、メンバーのモチベーションを高めるための明日から使える実践的なコーチングのスキルを、体感型のエクササイズを通じて楽しく身に付けていただきます。

下記のような課題・ニーズにお応えします
  • メンバーのモチベーションを効果的に高める方法が分からない
  • 業務の指示をする際に、メンバーの意欲を換気する伝え方ができない
  • 部下や後輩へのアドバイスが気合論に陥りがちで、メンバーの行動が変わらない

▼【管理職育成のポイント】が分かる資料はこちら マネジメント育成の手引き


コーチングとは

コーチングは、馬車を意味する「コーチ」が、 同じように「目的地へ送り届けるという」役割を持つスポーツや学業における 指導者を意味するようになり、それがビジネスに広がった考え方だとされています。 人材開発や育成の領域で注目されている考え方で、 対象が持つ力や行動を引き出すこと、またそれを繰り返すことで、 自分で問題解決を行う力を身につけさせることに大きな特徴があります。

コーチング ティーチングとの違い

ティーチングは、持っている知識やノウハウ、方法などを教える行為です。 メリットとしては、目標を達成するために必要な答えを教えるため、対象の知識や経験、問題解決能力などに 大きく左右されず、成果への近道をたどることができます。 しかし、デメリットとして基本的には上司から部下への一方向のコミュニケーションと なるため、ティーチングだけの指導では、対象の受け身な姿勢や、自分で考え工夫をしない上司への依存的なスタンスを醸成してしまいかねません。

一方で、コーチングは、双方向の対話の中で 対象に気づかせ、目標への動機や自主的な行動を引き出す行為です。 メリットとしては、自分で目標を達成するために必要な考え方や問題解決の仕方を 見出す自律的なスタンスを醸成することができます。 ティーチングとコーチング、この2つのアプローチを 状況や対象の能力の度合いによって、バランスよく行っていくことが必要です。

コーチング(行動促進)研修の目的とは

マネジャーやメンターなど、部下・後輩育成を任されている方にとって、メンバーのモチベーションマネジメントは必須のスキルです。 メンバーのモチベーションを効果的に高める方法を知らない場合、気合論や個人の経験に寄ったアプローチをしてしまう傾向があり、良かれと思って部下や後輩への指示やアドバイスをしたとしても、なかなか本人の行動は変わりません。 本サービスでは、マネジャー自身の経験や勘を頼りとしたコミュニケーションではなく、再現性のあるアプローチによりメンバーのモチベーションを高めるコーチング方法(※)を習得します。
※リンクアンドモチベーションの「コーチング」とは、一般的なコーチングの定義とは異なり、再現性のある技術によって、相手の自発的な行動を引き出すことを指しています。

コーチング(行動促進)研修の特養

本プログラムでは、モチベーションの公式及びモチベーション効果を理解したうえで、参加者に自組織に対しての活用プランを立案いただきます。

ポイント①:直感や経験ではなく、心理学をベースにした学術的な背景のある”技術”を学べる

モチベーション・動機といった目に見えないものを、本研修では、「モチベーションの公式」というシンプルな原理原則に落とし込んで理解します。気合論や講師の経験に頼ったマネジメント論ではなく、心理学等の学術的な理論を踏まえることで、個々の職場の状況に合わせて「どこでも」活用いただけるスキルを習得できます。

ポイント②:「受け入れる」ではなく「働きかける」

一般的なコーチングは、相手の中にある答えや想いを引き出すアプローチが主です。しかし、本サービスでは、マネジャーが効果的にメンバーに働きかけ、自発的な行動を促すアプローチを学んでいただきます。「メンバー起点」ではなく、「マネジャー起点」で関わり関係性を変えていくきっかけづくりにお役立ていただけます。

ポイント③:参加者本人の気づきを促す仕掛け

メンバーのモチベーションを高める方法を、一方的なレクチャーやディスカッションだけでなく、ゲーム性の高いワークを体感しながら学んでいただきます。非日常的な設定からの気づきを促すことで、再現性のあるより深い学びを得ていただける内容になっています。

コーチング(行動促進)研修 参加者の声

・自分が感じたこと、考えたことをモチベーションの公式に当てはめて考えることで、気付きが有り、面白かったです。
・モチベーションを論理的に考える発想はこれまでに全くなかったので自分自身の今後に役立てたいと思います。
・まさに後輩のモチベーションを高く維持することができず悩んでいたので、今日学んだスキルはぜひ実践してみたいと思います。
・本で読んだだけではわからない部分をロールプレイや様々なワークをグループで行うことで理解できました。実際の部下や職場の現状と照らし合わせる部分も多かったので身のある研修になりました。

あなたの組織課題や目指すべき未来から最適なソリューションをご案内させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせをお願いします。

お見積りはこちら



マネジメント育成の手引き