• 管理職研修(マネージャー・課長・係長など向け)

管理職研修

管理職研修


管理職が担うべき役割

管理職の役割

管理職の役割は、経営と職場を繋ぐコミュニケーションのつなぎ目(結節点)です。会社のビジョンや戦略が職場で実行され、業績の上がっている組織では、管理職が「結節点」として機能しています。

一方で、管理職が「結節点」として 機能していない組織では、会社がどのようなビジョンや戦略を掲げたとしても、 現場での実行度は下がり、結果的に業績は上がらなくなっていきます。
このように管理職は、会社と職場の距離を縮めるために、「経営と現場」「自部署と他部署」の間をつなぎ、間の問題を解決できる唯一の立場だと言えます。

管理職に求められる4つの機能

会社と職場をつなぐ「結節点」との役割を実現する管理職には、 大きく、情報提供、情報収集、判断行動、支援行動の4つの機能が求められます。

情報提供

戦略情報の提供:
自部署とそのメンバーをとりまく環境(業界動向、顧客のニーズ、競合の動向、会社方針等)に関する情報を把握し、メンバーに情報を提供する。

役割情報の提供:
メンバーが業務を遂行するにあたって必要となる情報(自部署の使命・目標等)を提供すると共に、役割や責任範囲を明確にし、具体策を示す。

情報収集

役割情報の収集:
自部署内の連携状況、他部署との連携状況を把握すると共に、メンバー個々人の持ち味や要望をつかむ。

進捗状況の収集:
自部署の業務の進捗状況を把握し、個々人の成果を確認すると共に、トラブルの発生や個々人の課題を把握する。

判断行動

基準提示と人事評価:
メンバーに求める行動や考え方のポイント、業務に関する評価基準を明確に提示し、基準に従って公平に評価を行う。

意思決定と率先垂範:
どのような状況においても迅速な意思決定を行い、またマネジャー自らが模範となるよう積極的に行動する。

支援行動

人材開発と業務支援:
部下にノウハウの伝授、チャレンジする機会の提供を行い、部下のコンディションを気にかけ、壁にぶつかった際には適切にサポートする。

支援行動と意欲喚起:
業務の背景や意義の伝達、部下へ適切な権限委譲を行い、またオープンに部下の意見を募り、優れた意見や企画を取り入れる。


リンクアンドモチベーションの管理職研修の特徴

リンクアンドモチベーションでは、「知識提供・意識変革」だけでなく、参加者の「行動変革」までを促進するプログラムを設計しています。研修内容が日々の行動に繋がり、現場の変革や成果に繋がる研修を提供します。

スキルだけでなく役割意識・意欲の開発

参加者が、研修で知識を学んだとしても、管理職としての役割ややるべき事に共感していなければ、行動には繋がりません。リンクアンドモチベーションでは、スキルだけでなく役割意識・意欲の開発を行います。

情報提供だけでなく経験学習機会の提供

参加者が、研修内で情報を獲得したとしても、日々の経験や業務と接続されていなければ定着しません。リンクアンドモチベーションでは、他己評価サーベイの実施によって、自身のマネジメントの4機能の実践度合いを元に課題を認識することで、納得感を醸成したうえでスキル開発を促進することができます。

個人の強化だけでなく関係性の強化

参加者が、研修を経て管理職としての変化意欲が高まったとしても職場の関係性が変わらなければ、行動を変えることの抵抗感が生まれます。リンクアンドモチベーションでは、研修後に職場での報告、職場からのフィードバック機会を設けることで、参加者の変化を受け入れる関係性強化を促します。


あなたの組織課題や目指すべき未来から最適なソリューションをご案内させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせをお願いします。

お問い合わせ



▼【管理職育成のポイント】が分かる資料はこちら マネジメント育成の手引き


管理職研修 導入事例CASE