catch-img

ファシリテーションとは?役割や必要なスキル、実践方法ついて解説

世の中ではミーティングやプロジェクトなどで、「議論が進まない」「問題解決ができない」といった声がよく挙がっております。

その課題を解決するのが「ファシリテーション」という能力です。昨今、世の中から注目が集まっている「ファシリテーション」について目的や必要なスキルをもとに紐解いていきましょう。


▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら


目次[非表示]

  1. 1.ファシリテーションとは
  2. 2.ファシリテーターとは
  3. 3.ファシリテーターの役割や必要なスキル
  4. 4.ファシリテーションのメリット
  5. 5.記事まとめ

ファシリテーションとは

■ファシリテーションとは

ファシリテーション(facilitation)とは会議や研修、ミーティングなどさまざまな活動の場において、良質な結果が得られるように活動のプロセスをサポートしていくことです。

つまり、集団による問題解決、アイデア創造、教育、学習等、あらゆる知的創造活動を支援し、促進していく働きを意味します。

■ファシリテーションの歴史

ファシリテーションが生み出された流れはいくつかあります。その歴史をピックアップしてお伝えしていきます。ファシリテーションの起源と言えば、まずは体験学習の流れがあります。

1960年代に体験学習の始まりであるエンカウンターグループと呼ばれるグループ体験を用いて学習を促す技法がアメリカで生まれました。この流れは、現在注目されている体験学習や教育系のファシリテーションに至るまで続いている流れになります。

また、この時期にアメリカのコミュニティ・デベロップメント・センター(CDC)で、コミュニティの問題を話し合う技法としてワークショップやファシリテーションが体系化されていきました。この流れは、主に現在の市民参加型のまちづくり活動へと受け継がれています。

ビジネス分野での応用は、1970年代にアメリカでおこなわれ始めました。主に会議やプロジェクトを効率的に進める方法として開発され、やがてチームによる現場主導型の業務改革手法に応用されていきました。

今ではファシリテーションが専門的なスキルとして世の中にとして認知され、日常的にファシリテーターが会議に用意されることも珍しくありません。そして、最近は支援型リーダーへと関心が移り変わっています。

この流れは、時を経て日本にも伝わり、分野毎に応用や研究がされてきました。その中には、世田谷のまちづくり活動のように日本独自に進化を遂げたものもあります。

しかし、ファシリテーションというものが専門技能としては認識されておらず、一部の外資系企業を除いて、その言葉すら知らないという状態が長らく続きました。

21世紀に入った頃から日本のビジネスの世界でも注目を集めるようになり、ファシリテーションに関する書物が店頭に並ぶようになりました。

ファシリテーションを専門的に研究する大学院の講座も開講されるようになり、学問的にも注目されはじめました。長い歴史を経て、ファシリテーションという言葉が普通に使われる時代がようやくやってきたのです。

ファシリテーターとは

■ファシリテーターとは

ファシリテーターとはファシリテーションを行う人のことです。ファシリテーターは組織活動の2つのプロセスに関わります。

1つ目は段取り、進行、プログラムなどの活動の目的を果たすための外面的なプロセスです。2つ目はメンバーひとり一人の感情の動きやメンバー同士の関係性などを考慮し、成果や満足感を醸成するための内面的なプロセスです。

この2つのプロセスに関わることで、効率と能率の振り子を振り、人と人との相互作用を促進することが求められます。

■ファシリテーターの歴史

ファシリテーターの歴史は比較的新しく、1940年代後半にアメリカで使われ始めた用語と言われています。

ファシリテーターの起源は、カール・ロジャーズの1954年の著書“Psychotherapy and personality change”において、グループ・カウンセリングと個人の行動の変化を解説しているのが最初だと言われています。

その後、時を経て70~80年代のイギリスで複合民族文化・教育へと進歩を遂げました。この教育プログラムの進行役がファシリテーターと呼ばれています。

一方、日本では概念として50年代にはすでに存在していたらしいのですが、現在のファシリテーターとは異なり、カウンセリング機能のみを果たしていたそうです。その後、80年代になりあらゆる国際問題や国内問題を取りまとめるうえでファシリテーターの役割や存在に注目が集まっていきました。

実はビジネス領域でファシリテーターの存在が求められるようになったのは1990年代のことでまだまだ最近のことなのです。

このような歴史や文脈から考えると、ファシリテーターはビジネス面だけでなく、教育や学習、問題解決に向けた議論を促進する役割をもった人たちのことを指すともいえるでしょう。

ファシリテーターの役割や必要なスキル

■役割①:事前に議論の場をデザインする(デザインスキル)

場の目的を定め、関係者を招集し、どのように議論を進めるのかという議論の場の段取りを行うことからファシリテーションは始まっています。最適な議論の進め方やクリティカルな論点を提案することが、議論の場のクオリティを決めるので、事前にデザインすることが欠かせません。

また、単に人が集まっても組織にはならず、「共通の目的」から「協働意思」の醸成までを担い、チームビルディングの良し悪しがその後の活動を左右します。

そして、討議の時間やメンバー同士の関係性を適切にデザインして、「コミュニケーション」を促進させることが求められます。ファシリテーターは組織成立の3要素を意識して場のデザインを行う必要があります。


▼チームビルディングに関する記事はこちら
チームビルディングのメリットとは? 方法やポイントを解説

■役割②:効果的な意見を引き出す(コミュニケーションスキル)

議論が開始された後は、できるだけたくさんの意見や考えを出し合い、理解と共感を深めながらアイデアを広げていく必要があります。これを発散と呼びます。すべて出し尽くすことで、これから生み出す結論への合理性と納得感を高めていきます。

このときファシリテーターは、表層的な意見のみに注目するのではなく、しっかりとメッセージを受け止め、発言者を勇気づけ、深層情報を引き出していかなければなりません。

それと同時に、意見と意見の連鎖をつくり、幅広い論点で考えられるようにします。具体的には、傾聴、応答、観察、質問などのコミュニケーション系(右脳系・対人系)のスキルが求められます。


▼コミュニケーション能力に関する記事はコチラ
ビジネスにおけるコミュニケーション能力の重要性と能力向上のポイントを解説

■役割③:発散した意見を構造化し整理する(構造化スキル)

発散をした後は議論を収束していく必要があります。時間をコントロールしたうえで、集まった意見を整理し、構造化していきます。その上で、議論の全体像を整理して、議論すべき論点を絞り込んでいきます。

そのときに威力を発揮するのが、議論を分かりやすく「見える化」することが重要になります。このアクションをおこなうためにはロジカルシンキングをはじめとする、思考系(左脳系・論理系)のスキルの出番となります。

物事の枠組みを表すフレームワーク(構造化ツール)を臨機応変に活用すれば、効率よく議論が展開できます。

▼【組織の見える化】に関する記事はこちら
組織を「見える化」「可視化」するメリットとその効果は?

■役割④:全員の納得感を醸成し、合意形成を採る(合意形成スキル)

結論の方向性が絞られてきたら、参加者の合意形成を図る必要があります. 何を基準にして最適な選択肢を選ぶのか、異なる意見をどうやって融合させるのか、決め方を決めなければいけません。

この時に起こる現象が意見の対立です。適切な合意形成をおこない、納得度を高めていけば、創造的な結論が得られ、チームの結束力も高まります。

ファシリテーターの力量が最も問われるところです。首尾よく合意ができれば、結論やアクションプランを確認し、話し合いを振り返って次に向けての糧としていきます。

ファシリテーションのメリット

■メリット①:新たな発想を生み出すことができる

組織活動の成果の質を上げるには、精神論だけでは心もとなく、行動を変えなければいけません。そのためには、まずは考え方を変えることが求められます。ところが、これはまさに至難の業であり、そう簡単には固定化された思考の枠組みが打ち破れません。

考え方を変えるには、大きく二つの方法があります。

一つは、自分自身の心の中を深く省みる内省です。多くの場合、自分一人ではなかなか壁は砕けず、それを手助けしてくれるのがコーチやカウンセラーです。もう一つは、相互作用を使って自分の枠を打ち破る方法、すなわちファシリテーションです。

他者とぶつかり合い、互いの違いを知ることで自分の壁を悟り、新しい自分を発見していくのです。もちろんどちらが一方的に優れているということはなく、単にアプローチが違うだけです。

両者とも目指す姿は人と組織の活性化であり、課題や状況に応じて組み合わせて使うのが理想的でしょう。

■メリット②:人・組織・社会を変えることができる

ファシリテーションの応用分野は、大きく「人」「組織」「社会」の三つに分かれます。 

「人」の分野とは、人間教育、社会教育、学校教育、国際教育など広範囲の分野を含むファシリテーションにのことです。ファシリテーターは内面的なプロセスに関わり、様々な学習をサポートします。企業では、参加型研修やキャリアデザインなどに用いられています。

「組織」の分野とは、チーム活動の中での問題解決や組織活性化などに用いられるファシリテーションです。 ビジネス活動に一番なじみが深い分野であり、合理的な成果とスピードが何よりも求められます。 

「社会」の分野とは、まちづくり、コミュニティ、NPOなど、社会的な合意形成が必要となる場面で用いられるファシリテーションのことです。共通の目標や課題を発見することが成果であり、納得感を高めるために、そこにいたるプロセスが重要となります。企業でいえば労働組合やCSR活動などで用いられます。

記事まとめ

いかがだったでしょうか?今回はファシリテーションに必要なスキルやメリットなどを紹介しました。ファシリテーションは、組織活動において必要不可欠なスキルであり、このスキルを高めることで働くメンバーの満足度や参画感を高めることができるようになります。

まさに組織のモチベーションを最大化する上では、重要なスキルになるのではないのでしょうか。円滑な議論や課題解決を行うだけではなく、メンバーの働きがいにも注目して、ファシリテーションスキルを磨いていきましょう。


▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら

小川隼太
小川隼太
説明文が入ります。

注目コラム

PDCAとは?PDCAサイクルの重要性、よくある失敗例と対策方法を解説

PDCAは、多くの企業でやビジネスマンが使用する、業務効率化のためのフレームワークです。しかし、PDCAが提唱され…

インセンティブとは?~制度の種類やメリット・デメリット、成功事例から導入時の注意点など~

企業成長のためには、戦略を実行する実行力が鍵を握ります。実行力を左右する要素の1つが…

アンガーマネジメントとは?研修に取り入れるメリットや効果、実践方法を解説

仕事中にイライラしてしまうこと、思うように感情をコントロールできないことはありませんか? アンガーマネジメント…

OJTとは?OFF-JTとの違いやメリット、指導方法のコツを解説

OJT(On-the-Job-Training)とは、実務を通じて業務を教える育成方法です。OJTは従業員の即戦力化を図ることがで…

レジリエンスとは?心が折れやすい人の特徴や鍛える方法を解説

コロナウィルス感染拡大に伴い、採用市場における潮目は大きく変化しつつあります。今後の採用市場で勝ち抜くため…

マネジメントとは?本質と役割、今の時代に求められる能力を解説

「マネジメント」強化は、環境変化の激しい昨今、益々重要度が高まっています。そのため、マネージャーの役割や…

新着記事

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味を持っています

あなたの組織にも、課題はありませんか?

各種サービス資料が無料ダウンロードできます

3分でわかる管理職研修サイクル

3分でわかる管理職研修サイクル

サービスご紹介資料

3分でわかるモチベーションクラウド

3分でわかるモチベーションクラウド
ページトップへ戻る