catch-img

ヒューマンスキルのすすめ~信頼残高を積み上げる手法~

ヒューマンスキルとは、「他者との良好な人間関係を構築・維持するために必要な能力や技術」のことを指します。対人関係能力とも言われており、業種・職種に関係なく、業務を遂行する上で求められる 普遍的なスキルです。

本記事では、この全てのビジネスパーソンに必要であるヒューマンスキルの 重要性、磨き方についてご紹介します。

▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら

目次[非表示]

  1. 1.ヒューマンスキルの定義について
  2. 2.なぜヒューマンスキルが必要なのか?
  3. 3.ヒューマンスキルを磨いて、自由を獲得しよう
  4. 4.ヒューマンスキルを磨く方法
  5. 5.ヒューマンスキルまとめ


ヒューマンスキルの定義について

前述したとおり、ヒューマンスキルとは「他者との良好な人間関係を構築・維持するために必要な能力や技術のこと」を指しますが、ハーバード大学教授のロバート・カッツは、ヒューマンスキルをマネージャー(管理職)に必要な能力のうちの1つとして挙げています。

①テクニカルスキル(業務遂行能力)

②ヒューマンスキル(対人関係能力)

③コンセプチュアルスキル(概念化能力)

さらにヒューマンスキルを具体化すると、下記のキーワードに分けることができます。

▼コミュニケーション能力に関する記事はコチラ
ビジネスにおけるコミュニケーション能力の重要性と能力向上のポイントを解説

▼リーダーシップに関する記事はコチラ
リーダーシップとは?今の時代に求められるスタイルは?


なぜヒューマンスキルが必要なのか?

そもそもヒューマンスキルはマネジャーだけでなく、すべてのビジネスパーソンにとって必要なスキルであると考えています。なぜなら、一人ひとりが自己実現欲求を満たす上で、関係者との信頼関係が大切であるからです。

■ヒューマンスキルは、自分を“自由な存在”へと解き放つ

組織の一員として仕事をするということは、関係社会で生きるということです。関係社会で生きるとは、お互いに影響を及ぼし合っている状況の中で生きる、という意味です。

関係の網の目の中に自分自身が存在している以上、様々な関係から強く影響を受けることが宿命づけられているのです。多くの人が学生から社会人になったときに、この関係社会の“不自由さ”に悩まされたのではないでしょうか?

  • 自分の希望通り配属がなされなかった
  • 休みたいときに休めない
  • 付き合いたくない人とも付き合わなければならない

社会人になったばかりのころは、能力も、実績も、人脈も、お金もないので当然のことと言えます。ではこの不自由さから解放されるにはどうすればいいのでしょうか?それは、信頼を獲得することです。

自分自身に対する周囲からの信頼残高を積み上げていくことで、自分を制約していた様々な関係が、今度は逆に自分の自由を保障する財産に変化していくのです。関係社会の中で絶大な信頼を獲得すれば、何でもできる自由の身になれます。

例えば、何か事業を興すとき、信頼があれば出資者を募ることも難しくないでしょうし、一緒に働く仲間を集めることもスムーズにいくでしょう。

このように自分のキャリアを積み重ねていくことは、関係社会において信頼を獲得することであり、より大きな自由を獲得することであると言えます。

では、どうすれば信頼残高を積み上げていけるのでしょうか。それは約束と実行を繰り返していくことです。

どんな小さな約束でも一つ一つをしっかり守っていくことで、その積み重ねが大きな信頼形成につながります。約束と実行を繰り返すためにも、ヒューマンスキルを磨き続けなければなりません。

ヒューマンスキルを磨いて、自由を獲得しよう

ヒューマンスキルは一般的にマネジャーに必要な能力の1つとして定義されていますが、一人ひとりが自由を獲得するためには、信頼関係を構築する必要があります。この前提に立つと、マネジャーだけではなく、全てのビジネスパーソンがヒューマンスキルを磨いていく必要があります。

■ヒューマンスキルの差が出る5シーン

どんなビジネスパーソンも直面する、ヒューマンスキルの差が出る5シーンを挙げます。

具体的には、 ①依頼②拒否③相談④謝罪⑤主張です。

この5シーンにおいて、あなたは関係者と信頼関係を構築できる“プロ”であるか、それとも信頼関係を構築できない“アマ”であるか、チェックしながら読んでください。

①依頼

プロは合理的かつ情緒的です。依頼の背景や理由が明快であることに加えて、 相手の協力を引き出すのに十分な感情的配慮がなされています。アマは単なる自分勝手な頼み事のよう な印象を相手に与えます。

②拒否

プロは厭味がなく、断られた側にも爽やかさが残るような断り方をします。アマの断り方はその場の空気が凍ります。最悪の場合は沈黙だけが残り相手との関係が壊れて しまいます。

③相談

プロは背景と趣旨が明快で、相談を受けた側の知識や能力を最大限に引き出し、相手に幸福感まで与えることがあります。アマの場合は、それが相談なのか愚痴なのか、単に心のマッ サージを求めているだけなのかが分かりません。

④謝罪

プロは自分に非がある部分を明確に謝罪し、一切の言い訳を含みません。アマは言い訳や他者への責任転嫁をしてしまいます。場合によっては火に油を注ぐような事態を招いてしまいます。

⑤主張

プロは自分の権利を主張する時に厭味がありません。自らの権利が侵されそうになった場面では毅然さと柔和さを併せ持ち、相手に義務の遂行を促します。アマの場合は言葉も態度もけんか腰になってしまいます。結果として相手から望ましい行動を引き出せません。

ヒューマンスキルを磨く方法

では、どのようにヒューマンスキルを磨いていけばいいのでしょうか?それは自分本位な感じ方や考え方から抜け出すことと、感性を磨くことが大切です。

■天動説に陥るな!地動説の考え方へ!

アマはいつも自分本位な感じ方や考え方しかできないものです。これはもともと天動説的なモノの見方(自分中心なモノの見方)をしていることが原因です。

お客様や協力者の立場を考えない自分本位な考え方が「この相手には理解力がない」という発言や「なぜこの提案の価値が解らないのだろう」という感情を引き起こします。

しかし、プロは次のように考えます。「相手に理解してもらうためには今の自分に何が不足しているのだろう」や「この提案の価値を認めてもらうためには、どのように説明方法を改めればいいだろうか」など、地動説(相手中心なモノの見方)の考え方に立って自分自身の変革方法を模索します。相手の立場に立つことは相手を知ることから始まります。

なぜなら自分のことを知り、興味を持ってもらった相手には心を開きたくなるのが自然な感情だからです。天動説に陥らないようにするためには、 下記3つが大切です。

 ①相手を知り興味を持つこと
 ②共感の接点を探ること
 ​​​​​​​③「利他」と「自利」を統合すること

①のステップは地動説の姿勢で臨まなければ、そもそも情報が得られません。

更に最後の③のステップでは、「利他」と「自利」を高次元で統合することが必要です。どちらか一方に偏ることは危険です。アマは「自利」を前面に出してしまうことを述べましたが、一方で「利他」だけで自己満足してしまうのもアマの特徴です。

特に若い頃は、「関係社会」にリアリティが持てず、天動説の視点から抜けられない傾向があります。そして結果的に自らを苦しめることが多いように思います。自分がいつのまにか天動説に陥っていないかを点検する習慣を身に付けましょう。

■感性を磨こう

世の中には「感性のよい人」と「感性の悪い人」がいると思います。

例えば、人間関係では「自分はこの人には嫌われている」や「この人の言うことは信じることができる」「この人との出会いはかなり大きな機会だ」、或いは「この人は今、心の中で別のことを考えている」「この人は、本当は心の奥底ではこういうことを望んでいる」など、一流のプロには、これらのことを一瞬で感じる嗅覚のようなものが備わっているように思えます。常に高い成果を出すプロの営業パーソンは、このあたりの感覚が発達しているのでしょう。

それに比べるとアマは感性が鈍く、いつも「自分本位な感じ方」しかできないものです。

「この人は自分を認めてくれている」「相手は自分のことが好きに違いない」或いは「自分の提案はかなり賛同を得ている」「自分のアイデアが受け入れられないはずがない」など、アマの共通点は、このように自己中心的な思考をすることです。

おそらく、その習性が原因となってますます嗅覚が鈍っていくのでしょう。

「感性を磨く」そして「直感が働く状態を創る」これがプロの目指す高みです。これらを鍛えるためには、

  • 自分の身近な人の中から感性のよい人を探し出し、常に自分の感じ方とのすり合わせを行うこと
  • 日頃から自分自身のセーフティーゾーンを越えるように「ほんの少しの冒険」を心がけること

「ほんの少しの冒険」がいつも自分自身に適度な緊張感をもたらし、判断能力を活性化させるからです。 また、冒険したことが感性を研ぎ澄ませるための新たな経験につながることも間違いありません。

生来の資質として感性がよい人と悪い人がいるとは思いますが、決して開発不可能なものだとは思えません。感性を磨くことはトレーニングによって十分に可能です。

ヒューマンスキルまとめ

以上のように、ヒューマンスキルは、マネジャーだけでなく、すべてのビジネスパーソンが磨いていかなければならないスキルです。一人ひとりがヒューマンスキルを磨いて、信頼できるビジネスパーソンへと成長し、自由を獲得しましょう。


▼ラポールに関する記事はコチラ
ラポールとは?信頼関係を築く必須スキルについて解説

▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら

​​​​​​​



LM編集部
LM編集部

理念・採用・風土・制度など組織人事のトレンドを発信しています。 基本的な用語解説から、多くの企業で陥っている実態、 弊社が培ってきた組織変革技術の知見を踏まえたポイント解説まで 皆様のお役に立ち情報をお届けします。

注目コラム

PDCAとは?PDCAサイクルの重要性、よくある失敗例と対策方法を解説

PDCAは、多くの企業でやビジネスマンが使用する、業務効率化のためのフレームワークです。しかし、PDCAが提唱され…

インセンティブとは?~制度の種類やメリット・デメリット、成功事例から導入時の注意点など~

企業成長のためには、戦略を実行する実行力が鍵を握ります。実行力を左右する要素の1つが…

アンガーマネジメントとは?研修に取り入れるメリットや効果、実践方法を解説

仕事中にイライラしてしまうこと、思うように感情をコントロールできないことはありませんか? アンガーマネジメント…

OJTとは?OFF-JTとの違いやメリット、指導方法のコツを解説

OJT(On-the-Job-Training)とは、実務を通じて業務を教える育成方法です。OJTは従業員の即戦力化を図ることがで…

レジリエンスとは?心が折れやすい人の特徴や鍛える方法を解説

コロナウィルス感染拡大に伴い、採用市場における潮目は大きく変化しつつあります。今後の採用市場で勝ち抜くため…

マネジメントとは?本質と役割、今の時代に求められる能力を開設

「マネジメント」強化は、環境変化の激しい昨今、益々重要度が高まっています。そのため、マネージャーの役割や…

新着記事

AQ(逆境指数)とは?IQ・EQとの違いや指数レベルについて徹底解説

AQ(逆境指数)とは、個人や組織が逆境に対処する力を指標化したものです。逆境に立たされたとき、それを乗り越える力は個人にとっても組織にとっても非常に重要です。本記事では、組織開発や人材育成などで注目されつつあるAQについて、その概念やIQ・EQとの違い、AQを構成する要素やAQの高い人・低い人の特徴などについて解説していきます。

帰納法・演繹法とは?考え方や活用シチュエーション例をご紹介

日常のコミュニケーションにおいて相手に自身の考えや気持ちを「伝える」ことは非常に重要になります。 しかし、「伝える」ことよりも「伝わる」ことが非常に重要になります。なぜなら、自分が伝えたことが意図しているように相手に伝わっているかはわからないからです。 相手に自分の意図した考えや気持ちが「伝わる」ために相手との「信頼関係」や「情理」が非常に大切ですが、構造的にわかりやすく伝える「論理」も同様に大切です。ここでは論理的に相手に伝える技術の一つである「帰納法」を掘り下げて述べていきたいと思います。

演繹法と帰納法の違いとは?考え方や鍛え方をご紹介

ロジカルシンキングの観点として、演繹法(えんえきほう)と帰納法の2つがあります。この2つは、高校数学で扱われる学校もあるため、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 ロジカルシンキングは、理系の学問に必要なイメージがありますが、社会人になると、あらゆる仕事において必要になってきます。今までロジカルシンキングを意識してこなかった文系の人や新卒の人は、特に苦手意識を感じてしまいます。

視座・視点・視野の違いとは?高めるメリットや方法を解説

皆さんは「視座が低い」「視点が違う」「視野が狭い」等のフィードバックをもらうことはあるでしょうか。 この記事では、「視座」「視点」「視野」のそれぞれについて説明し、「視座」を高めることによるメリットと「視座」を高める方法を合わせてご紹介します。 この記事が皆さんにとって「視座」を高めるきっかけになると幸いです。

フォロワーシップとリーダーシップの違いとは?役割や実践方法をご紹介

最近、「リーダーシップ」とともに「フォロワーシップ」というキーワードを聞いたことがあるのではないでしょうか?近年注目されてきている言葉で、あまりなじみがない方もいるかもしれません。 この記事では、フォロワーシップが注目されている背景や種類、活用方法などをお伝えします。

コーピングとは?種類や導入方法を徹底解説

ストレスに対処し、良い方向に転換させるコーピング(ストレスコーピング)は、プライベートだけでなく仕事においても心身ともに健やかに働くために重要視されてきているテーマです。 社内教育としての導入や、組織体制づくりに取り入れる等によって社員のパフォーマンス向上につなげようとする企業も増えてきました。 しかしながら、そもそもコーピングとは何か・一体どのように取り組めば良いのかという方も多いかもしれません。本記事では、コーピングの基礎知識や効果的な方法、取り入れ方についてご紹介していきます。

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味を持っています

AQ(逆境指数)とは?IQ・EQとの違いや指数レベルについて徹底解説

2022-01-05

AQ(逆境指数)とは、個人や組織が逆境に対処する力を指標化したものです。逆境に立たされたとき、それを乗り越える力は個人にとっても組織にとっても非常に重要です。本記事では、組織開発や人材育成などで注目されつつあるAQについて、その概念やIQ・EQとの違い、AQを構成する要素やAQの高い人・低い人の特徴などについて解説していきます。

帰納法・演繹法とは?考え方や活用シチュエーション例をご紹介

2021-12-22

日常のコミュニケーションにおいて相手に自身の考えや気持ちを「伝える」ことは非常に重要になります。 しかし、「伝える」ことよりも「伝わる」ことが非常に重要になります。なぜなら、自分が伝えたことが意図しているように相手に伝わっているかはわからないからです。 相手に自分の意図した考えや気持ちが「伝わる」ために相手との「信頼関係」や「情理」が非常に大切ですが、構造的にわかりやすく伝える「論理」も同様に大切です。ここでは論理的に相手に伝える技術の一つである「帰納法」を掘り下げて述べていきたいと思います。

演繹法と帰納法の違いとは?考え方や鍛え方をご紹介

2021-12-22

ロジカルシンキングの観点として、演繹法(えんえきほう)と帰納法の2つがあります。この2つは、高校数学で扱われる学校もあるため、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 ロジカルシンキングは、理系の学問に必要なイメージがありますが、社会人になると、あらゆる仕事において必要になってきます。今までロジカルシンキングを意識してこなかった文系の人や新卒の人は、特に苦手意識を感じてしまいます。

OODAループとは?活用方法や具体例をご紹介

2021-12-21

OODAループとは、激しい環境変化に素早く順応していくための意思決定方法の1つです。 近年では、テクノロジーの進化などにより環境の変化が激しくなっており、会社を持続的に成長させるためには、環境の変化に応じた迅速かつ柔軟な意思決定が求められています。 本記事では、こういった時代背景から重要性が増しているOODAループという概念の定義や、その具体的な活用方法について、分かりやすく解説していきます。

ストーリーテリングのメリットとは?構成ポイントや具体例をご紹介

2021-12-21

ビジネスシーンでは簡潔に相手に情報伝達するプレゼンテーション型の話し方が求められるケースが多いと思います。 一方で、場合によっては物語のように情報伝達するストーリー型(ストーリーテリング)が有効になるケースも多く存在します。 本記事ではストーリーテリングに焦点を当てて、ストーリーテリングが有効になるシーンや話の構築のポイントなどを紹介します。

人事戦略会社 W社様

2021-12-10

ビジネスモデルを大きく転換し業界TOPに躍り出た親会社の人事戦略子会社であるW社の代表取締役社長 S氏に 人事戦略、特に教育・研修の中で、ロジカルシンキング研修を採用頂いた背景をお伺い致しました。

あなたの組織にも、課題はありませんか?

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

マネジメント育成の手引き

マネジメント育成の手引き

サービスご紹介資料

採用戦略の教科書

採用戦略の教科書
ページトップへ戻る