catch-img

OODAループとは?活用方法や具体例をご紹介

OODAループとは、激しい環境変化に素早く順応していくための意思決定方法の1つです。

近年では、テクノロジーの進化などにより環境の変化が激しくなっており、会社を持続的に成長させるためには、環境の変化に応じた迅速かつ柔軟な意思決定が求められています。

本記事では、こういった時代背景から重要性が増しているOODAループという概念の定義や、その具体的な活用方法について、分かりやすく解説していきます。


▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら


目次[非表示]

  1. 1.OODAループとは?
  2. 2.OODAループの流れ
  3. 3.OODAループの具体例
  4. 4.企業がOODAループを導入する方法
  5. 5.記事まとめ


OODAループとは?

OODAループ(ウーダループ)とは、Observe(観察)、Orient(状況判断)、Decide(意思決定)、Act(実行)の4つの英単語の頭文字で構成される、意思決定方法の1つです。

OODAループは、戦場での行動プロセスから生まれており、もともとはアメリカ合衆国の戦闘機操縦士であり、航空戦術家でもあるジョン・ボイド氏が提唱した意思決定方法です。

戦場では、時間をかけて慎重に細部まで意思決定をしている時間はありません。そのような激しい環境変化の中、どのように迅速かつ柔軟に意思決定し、行動を起こすべきかを理論化したものがOODAループとなります。

近年、テクノロジーの進化や新型コロナウイルスなどによってビジネス環境は日々変化し続けています。OODAループは、そのような環境下でスピーディに意思決定し次の行動に繋げるための思考法として、ビジネスの世界でも注目を集めています。

OODAループがどのような流れで意思決定し、行動に起こしていくのか、その具体的なステップを解説していきます。

OODAループの流れ

■OODAループ:Observe(観察する)

OODAループの最初のステップは、観察(Observe)することです。自分の組織の内部・外部で起きていることを、ありのまま観察していきます。

ここで重要なのが、事実と解釈をしっかりとすみわける客観性です。

弊社では、事実と解釈を済み分ける思考法として、DIEプロセスを推奨しています。
DIEプロセスとは、以下の三つの英単語の頭文字を取った、客観性を持つための思考のステップを指します。

  Describe(描写):事実として何が起きたか
  Interpret(解釈): その事実をどう解釈するか
  Evaluate(評価):その解釈をどう評価するか

DIEプロセスでは、何かが起こったとき、いきなりその状況を解釈・評価をするのではなく、まずは自分の先入観や感情などが入っていない事実のみを抽出することが大事だと考えられています。

いきなり解釈・評価をせず、一度事実だけを抽出することで、自分の解釈や評価の裏にある先入観を取り除き、現状を客観的に把握することができます。

一度Describeで外部・内部で起こっていることが事実ベースで観察ができたなら、次のステップへ進みます。

■OODAループ:Orient(状況判断)

Observeで現状の観察ができたら、次のステップは、観察結果から状況判断(Orient)をすることです。このステップは前述したDIEプロセスのInterpretとEvaluateに該当します。

このステップでは、Observeで描写した先入観や感情の入っていない事実から、現状どういった状況が起きているのかを解釈、評価していきます。

それらをもとに、これまでの経験や蓄積されたデータを統合・分析することで、どういった行動を取るのが有効かの仮説を構築し、今後の方向性を定めていきます。

■OODAループ:Decide(意思決定)

DIEプロセスをもとに客観的な状況判断・仮説構築ができれば、いよいよどういった行動を取るかを具体的に決めていきます。

判断のための時間や情報が十分確保されていることは稀です。

弊社では、このような不確実で変化の激しい環境下で意思決定をする際、「速く・強い」意思決定が大事だと考えています。

速い意思決定

ビジネスの世界では、メリット51%、デメリット49%という判断が難しい状況で意思決定を迫られることが多々あります。

その中でどちらが良いかを決めるのに時間を使うのではなく、「速い意思決定」をすることで、51%だったメリットを70%、80%にするための時間を創出することが重要です。

強い意思決定

反対者の意見を必要以上に聞き入れてしまい、一度下した意思決定を随時変更しているようでは、どのような意思決定も成果には繋がりません。

「強い意思決定」により、メンバーに対して安心感や信頼感を醸成し、実行力を高めることで、成功確率を1%でもあげていくことが重要となります。

■OODAループ:Act(実行)(287文字)

速く強い意思決定ができたら、最後は意思決定したことを実行(Act)に移していきます。

ただし、外部・内部の環境は、常に変化し続けています。

速く強い意思決定で決めたことを実行して終わりではなく、その行動によって起きる環境の変化をもう一度観察(Observe)したり、別の仮説を構築したりと、必要に応じて他の段階に戻りながらループを繰り替えすことがOODAループの特徴の1つでもあります。

強く意思決定することは、その決断を変えないということではありません。

一度意思決定し、実行したことで起きる環境変化を観察し、それを踏まえて速く、強い意思決定と行動を繰り返すことが重要となります。

OODAループの具体例

■メールからの新規商談獲得(営業部署)

Observe

営業部署におけるメールからの新規商談獲得という目標を前提に、現在起きている事象を整理していきます。DIEプロセスを活用し、事実と解釈を分けて、客観的に現状を整理することが重要です。

例:

  • メールからの新規商談獲得数が前年同月比15%ダウン
  • メール送信数は前年と増減なし。
  • メールへの返信率も前年同月比20%ダウン

Orient

Observeで整理した起きている事象をもとに、現在起きている事象を解釈・評価し、仮説を構築していきます。前述のことを踏まえると、前年とメール送信数は変わらないことから、行動の「量」ではなく「質」に問題があることが考えられます。

「質」が悪くなっている要因としては、以下のような仮説が考えられるかもしれません。

  • 開封率:そもそもメールを開封してもらえてないのではないか。
  • 返信率:日中忙しく、メールを返信できていないのではないか。

Decide

Orientで立てた仮説をもとに、実際に実行する行動を決定します。OODAループでは、細部まで慎重に考えてから意思決定するのではなく、「速く」「強い」意思決定が求められます。これまでの仮説から下記のような意思決定がされるかもしれません。

  • 開封率向上:メールの件名を短く、結論ファーストなものに変更。
  • 返信率向上:メールの送信時間を会議の少ない午前9時ごろに変更。

Action

Decideでの意思決定を実際の行動に移していきます。ここでは決めたことをすぐに行動に移せるかが重要になってきます。

  • メール件名の変更。
  • メールが午前9時に届くようにあらかじめメールの送信を予約しておく。
  • 必要に応じて他の段階へ戻り、ループを繰り返す。

OODAループは一度実行して終わりではありません。ループを回すために、状況に応じて前の段階へ戻り、ループを繰り返すことが重要です。

  • 行動によって状況が改善された→もう一度Observeに戻り状況を観察
  • 行動を起こしたが状況が改善されない→Orientに戻り、新たな仮説を構築し検証。

▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら

企業がOODAループを導入する方法

■意思決定の判断軸となるビジョンや経営方針を明確にする

OODAループでは、現場の人間が状況を観察しながら意思決定し、即座に行動にうつすことが求められるます。

そのためには、一つ一つの意思決定を経営層まで確認していては、激しい環境の変化に迅速に適応することはできません。よってOODAループを導入すると、個々の裁量権が大きくなる傾向があります。

一方で、個々の裁量権を大きくしても、それぞれがバラバラの基準で意思決定をしていては、遠心力ばかりが働き、組織として大きな成果を出すことは困難となります。

よって、OODAループを用いて個々人にすばやい状況判断と意思決定を委ねるには、それぞれが意思決定をする際に同じ判断軸をもっている必要があります。

そのためには、個々人が意思決定をする際の求心力となる、組織として目指すビジョンや、経営方針などの「共通の判断軸」を明確にすることが重要となります。

■管理職に”結節点”としての役割を担ってもらう

経営層が会社のビジョンや経営方針を発信しても、それをもとに意思決定をし、行動に移すのは現場の人間です。下記の図のとおり、どれだけビジョンが明確になっていても、そのビジョンや方針が現場の人間まで浸透しておらず、現場で実行されていなければ効果は高まりません。

そこで、OODAループを導入するためには、ミドルマネジャーが経営層と現場をつなぐコミュニケーションの”結節点”となっていることが重要となります。

そのために、まずはミドルマネジャーに”結節点”としての役割の期待を伝えること。そして、ミドルマネジャー自身がビジョンや方針の理解度を高め、それを現場の人間に浸透させていくことではじめて、OODAループを用いて個々人がビジョンや方針を体現することが可能となります。

記事まとめ

OODAループは、不確実で変化の激しい現代だからこそ注目されている意思決定方法の1つです。

このような環境下では、1つ1つの意思決定を経営層に確認してもらい、細部まで慎重に考えて意思決定をする時間はありません。

会社のビジョンや経営方針を現場まで浸透させ、現場にいる1人1人が共通の判断軸を用いて環境の変化に迅速に対応できる組織を創っていくことは、現代の経営において重要な課題の1つだといえるでしょう。


▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら


LM編集部
LM編集部

理念・採用・風土・制度など組織人事のトレンドを発信しています。 基本的な用語解説から、多くの企業で陥っている実態、 弊社が培ってきた組織変革技術の知見を踏まえたポイント解説まで 皆様のお役に立ち情報をお届けします。

注目コラム

PDCAとは?PDCAサイクルの重要性、よくある失敗例と対策方法を解説

PDCAは、多くの企業でやビジネスマンが使用する、業務効率化のためのフレームワークです。しかし、PDCAが提唱され…

インセンティブとは?~制度の種類やメリット・デメリット、成功事例から導入時の注意点など~

企業成長のためには、戦略を実行する実行力が鍵を握ります。実行力を左右する要素の1つが…

アンガーマネジメントとは?研修に取り入れるメリットや効果、実践方法を解説

仕事中にイライラしてしまうこと、思うように感情をコントロールできないことはありませんか? アンガーマネジメント…

OJTとは?OFF-JTとの違いやメリット、指導方法のコツを解説

OJT(On-the-Job-Training)とは、実務を通じて業務を教える育成方法です。OJTは従業員の即戦力化を図ることがで…

レジリエンスとは?心が折れやすい人の特徴や鍛える方法を解説

コロナウィルス感染拡大に伴い、採用市場における潮目は大きく変化しつつあります。今後の採用市場で勝ち抜くため…

マネジメントとは?本質と役割、今の時代に求められる能力を開設

「マネジメント」強化は、環境変化の激しい昨今、益々重要度が高まっています。そのため、マネージャーの役割や…

新着記事

AQ(逆境指数)とは?IQ・EQとの違いや指数レベルについて徹底解説

AQ(逆境指数)とは、個人や組織が逆境に対処する力を指標化したものです。逆境に立たされたとき、それを乗り越える力は個人にとっても組織にとっても非常に重要です。本記事では、組織開発や人材育成などで注目されつつあるAQについて、その概念やIQ・EQとの違い、AQを構成する要素やAQの高い人・低い人の特徴などについて解説していきます。

帰納法・演繹法とは?考え方や活用シチュエーション例をご紹介

日常のコミュニケーションにおいて相手に自身の考えや気持ちを「伝える」ことは非常に重要になります。 しかし、「伝える」ことよりも「伝わる」ことが非常に重要になります。なぜなら、自分が伝えたことが意図しているように相手に伝わっているかはわからないからです。 相手に自分の意図した考えや気持ちが「伝わる」ために相手との「信頼関係」や「情理」が非常に大切ですが、構造的にわかりやすく伝える「論理」も同様に大切です。ここでは論理的に相手に伝える技術の一つである「帰納法」を掘り下げて述べていきたいと思います。

演繹法と帰納法の違いとは?考え方や鍛え方をご紹介

ロジカルシンキングの観点として、演繹法(えんえきほう)と帰納法の2つがあります。この2つは、高校数学で扱われる学校もあるため、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 ロジカルシンキングは、理系の学問に必要なイメージがありますが、社会人になると、あらゆる仕事において必要になってきます。今までロジカルシンキングを意識してこなかった文系の人や新卒の人は、特に苦手意識を感じてしまいます。

視座・視点・視野の違いとは?高めるメリットや方法を解説

皆さんは「視座が低い」「視点が違う」「視野が狭い」等のフィードバックをもらうことはあるでしょうか。 この記事では、「視座」「視点」「視野」のそれぞれについて説明し、「視座」を高めることによるメリットと「視座」を高める方法を合わせてご紹介します。 この記事が皆さんにとって「視座」を高めるきっかけになると幸いです。

フォロワーシップとリーダーシップの違いとは?役割や実践方法をご紹介

最近、「リーダーシップ」とともに「フォロワーシップ」というキーワードを聞いたことがあるのではないでしょうか?近年注目されてきている言葉で、あまりなじみがない方もいるかもしれません。 この記事では、フォロワーシップが注目されている背景や種類、活用方法などをお伝えします。

コーピングとは?種類や導入方法を徹底解説

ストレスに対処し、良い方向に転換させるコーピング(ストレスコーピング)は、プライベートだけでなく仕事においても心身ともに健やかに働くために重要視されてきているテーマです。 社内教育としての導入や、組織体制づくりに取り入れる等によって社員のパフォーマンス向上につなげようとする企業も増えてきました。 しかしながら、そもそもコーピングとは何か・一体どのように取り組めば良いのかという方も多いかもしれません。本記事では、コーピングの基礎知識や効果的な方法、取り入れ方についてご紹介していきます。

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味を持っています

AQ(逆境指数)とは?IQ・EQとの違いや指数レベルについて徹底解説

2022-01-05

AQ(逆境指数)とは、個人や組織が逆境に対処する力を指標化したものです。逆境に立たされたとき、それを乗り越える力は個人にとっても組織にとっても非常に重要です。本記事では、組織開発や人材育成などで注目されつつあるAQについて、その概念やIQ・EQとの違い、AQを構成する要素やAQの高い人・低い人の特徴などについて解説していきます。

帰納法・演繹法とは?考え方や活用シチュエーション例をご紹介

2021-12-22

日常のコミュニケーションにおいて相手に自身の考えや気持ちを「伝える」ことは非常に重要になります。 しかし、「伝える」ことよりも「伝わる」ことが非常に重要になります。なぜなら、自分が伝えたことが意図しているように相手に伝わっているかはわからないからです。 相手に自分の意図した考えや気持ちが「伝わる」ために相手との「信頼関係」や「情理」が非常に大切ですが、構造的にわかりやすく伝える「論理」も同様に大切です。ここでは論理的に相手に伝える技術の一つである「帰納法」を掘り下げて述べていきたいと思います。

演繹法と帰納法の違いとは?考え方や鍛え方をご紹介

2021-12-22

ロジカルシンキングの観点として、演繹法(えんえきほう)と帰納法の2つがあります。この2つは、高校数学で扱われる学校もあるため、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 ロジカルシンキングは、理系の学問に必要なイメージがありますが、社会人になると、あらゆる仕事において必要になってきます。今までロジカルシンキングを意識してこなかった文系の人や新卒の人は、特に苦手意識を感じてしまいます。

ストーリーテリングのメリットとは?構成ポイントや具体例をご紹介

2021-12-21

ビジネスシーンでは簡潔に相手に情報伝達するプレゼンテーション型の話し方が求められるケースが多いと思います。 一方で、場合によっては物語のように情報伝達するストーリー型(ストーリーテリング)が有効になるケースも多く存在します。 本記事ではストーリーテリングに焦点を当てて、ストーリーテリングが有効になるシーンや話の構築のポイントなどを紹介します。

人事戦略会社 W社様

2021-12-10

ビジネスモデルを大きく転換し業界TOPに躍り出た親会社の人事戦略子会社であるW社の代表取締役社長 S氏に 人事戦略、特に教育・研修の中で、ロジカルシンキング研修を採用頂いた背景をお伺い致しました。

総合不動産 D社グループ様

2021-12-10

あらゆるライフステージに応える住環境と質の高いサービスを提供し、「住文化」を創造し続けるD社。 「家族」が快適に過ごせることを第一に考える「Family First.」をスローガンに掲げる同グループが、 その中核をなすD社グループの新入社員にせフルコントロール研修を導入した理由を、グループ人事部のK氏に伺いました。

あなたの組織にも、課題はありませんか?

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

マネジメント育成の手引き

マネジメント育成の手引き

サービスご紹介資料

採用戦略の教科書

採用戦略の教科書
ページトップへ戻る