catch-img

ロールモデルの意味とは?設定メリットや有効活用の方法をご紹介

皆さんは「こんな行動、考え方ができる人になりたい」「5年後にはこの人と同じようなキャリアを歩みたい」と思う人に出会った経験はありますでしょうか。

ロールモデルとは、行動や考え方など、自身のキャリアを形成していく上でお手本となる人物のことを指します。ロールモデルの設定は、社員の成長やモチベーションの向上、組織の活性化に繋がると考えられており、昨今多くの企業で注目されるようになってきました。

この記事では、ロールモデルとは何かという定義から、導入のメリットや有効活用するためのステップについて紹介します。


▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら

目次[非表示]

  1. 1.ロールモデルとは?
  2. 2.ロールモデルになる人の特徴
  3. 3.ロールモデルを設定するメリット
  4. 4.ロールモデルになるための要件
  5. 5.ロールモデルを有効活用する方法
  6. 6.記事まとめ

ロールモデルとは?

ロールモデルとは、行動や考え方を学び、模倣する対象であり、自身のキャリアを形成していく上でお手本となる人物のことを指します。

ロールモデルは「role(役割・任務・役目)」「model(模型・模範・手本)」という英語が語源となっている言葉で、1940年代にアメリカの社会学者ロバート・K・マートン氏によって定義されました。

ロールモデルには、自らが習熟・習得したい能力について高いスキルを持っており、リーダーシップを発揮している人物を設定するとよいでしょう。ロールモデルに対してただ憧れるだけでなく、観察・考察して模倣することで、より多くの学びを得ることができます。

また、ロールモデルは一人に絞る必要はありません。例えば、

  • Aさんはコミュニケーションなど関係構築のロールモデル
  • Bさんは仕事の進め方などタスクマネジメントのロールモデル

など、身につけたいスキルや知識に応じて、さまざまな観点ごとに高いスキルを持った複数の人をロールモデルにすると良いでしょう。

ロールモデルになる人の特徴

基本的に、自分の理想とする立場にいる人や、こんな人になりたいと思うような考え方や行動をする人がロールモデルになります。

ロールモデルとして設定される人物には、自主的に設定されるタイプと社会人になったあとに会社側から与えられるタイプの2種類があります。

自主的に設定されるロールモデルは、身近にいる「かっこいい人」「素敵な人」が設定されることが多いです。学校の先生や先輩、両親や兄弟などになる場合が多いです。その他、歴史上の人物や外国の人もロールモデルになる可能性があります。

一方、企業側で設定されるロールモデルは、従業員が思い描くキャリアプランに近い立場や経歴を歩んでいる人をロールモデルにできるよう、計画的にロールモデルとなり得る人材を育成し、それを社内に周知します。

憧れの対象となる人物を設定することで、社員の成長意欲やモチベーションの向上につながることが期待されています。

ロールモデルを設定するメリット

ロールモデルの設定には様々なメリットがあります。自分にとって刺激となる人が存在することは、自身の成長が促進されます。ここでは、社会人にとってロールモデルを設定する代表的なメリットをご紹介します。

■キャリアプランを考えやすくなる

社内外から信頼が厚いエース社員や、的確な指示を出す管理職など、身近にいる人がロールモデルになると、キャリアプランが考えやすくなります。

普段から業務で関わる人やよく話をする人だと、目の前にお手本にできる人がいるということなので、その人に近づくためにはどんな行動、思考、経験、自己研鑽など、何をすれば良いのかが具体的に思い浮かべられるからです。

なりたい自分を明確にイメージでき、目標が設定されると、次に必要なステップもわかりやすくなり、社員の成長に繋がります。

■組織全体の活性化に繋がる

ロールモデルのような人になるためには、その人がどのような経験や思考、自己研鑽を積み重ねてきたのかを知る必要があります。多くの社員が、それぞれ理想とするロールモデルから話を聞こうとすれば、社内でのコミュニケーションは活性化します。

普段接点の少ない上司や先輩だったとしても、知りたいことがあり、共通の話題があることで、業務以外のつながりができ、コミュニケーションが増えるという効果が期待できます。

そして各所でコミュニケーションが良好になることは、組織全体の活性化を促します。普段の業務だけでなく、いろいろな人とコミュニケーションをとれるようになれば、事業の話をすることも増えて思わぬ成果につながることもあるでしょう。

また、ロールモデルを設定し目指す姿が明確になると、より主体的に業務に取り組むようになる社員も増えます。1人1人が目標を持ち、頑張る人が増えれば社内の空気が変わることが期待できます。

それだけでなく、ロールモデルを設定することで自分自身もロールモデルになることを意識するようになるため、後輩への指導やコミュニケーションを積極的に行うようになり、そういった側面でも組織の活性化につながります。

■女性が活躍しやすい風土作りに繋がる

ロールモデルは女性が活躍できる環境づくりに寄与するといえます。女性活躍推進で苦労している企業こそ、このロールモデルに力を入れると効果的でしょう。

30代くらいの、ライフイベントをこなし、出産後も家庭と仕事を両立して働くロールモデルが身近にいれば、女性社員は勇気づけられ、それをお手本にすることができます。

ロールモデルを設定し、理想となる人・目標となる人が社内に多くいれば、女性が活躍する風土が作りやすくなります。


その結果、働く女性が増え、女性のリーダーや管理職育成がしやすい環境となります。

▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら

ロールモデルになるための要件

企業側でロールモデルを設定する際は、社員の職務・経験、20代・30代という年代等によってお手本になる人物は異なることに気を付けましょう。

例えば新入社員が、尊敬できる管理職をロールモデルにしてしまうと、自身の今の状態と理想状態のギャップが大きくなりすぎてしまい、ロールモデルとしての効果が薄れる恐れがあります。したがって、自分の職務・経験より一段上にいる人をロールモデルにするほうが効果的です。

今回は「新入社員」「中堅社員」「次世代リーダー」に分けて、それぞれロールモデルとして必要な要件をご紹介します。

①新入社員のロールモデルに求められる人物要件

新入社員に必要とされることは、先輩社員や上司から出される指示を的確に理解し、実行できることです。質問がある場合は自分で全体像を把握し、何がわかると良いのかをはっきりさせてから尋ねて、仕事を遂行できることが求められます。

加えて、社会人にとって時間や納期を守ることも重要です。適切にタスクマネジメントができ、正確に仕事ができることも必要な条件でしょう。

また、新入社員はまだわからないこと、できないことがたくさんあります。したがって、積極的にインプットを行う姿勢や、もしミスや失敗をしたときに即時報告するなど、誠実な姿勢で対応できることも重要です。

仕事はチームで行うもので、一人で全てできるわけではありませんので、率先して周囲のサポートをできたり、仕事への積極性が見えるとなおよいでしょう。

新入社員には、上記の要件を満たしている、主体的に仕事に取り組む若手社員をロールモデルに設定すると効果的だと言えます。

②中堅社員のロールモデルに求められる人物要件

中堅社員は部下や後輩に的確に指示を出すことができ、仕事を主体的に推進できる力が求められます。そのため、上司からの指示が何を意味しているのかを理解し、周囲のメンバーに適切に伝え、共有できることも必要です。

そのためには、的確なコミュニケーションが取れることはもちろんのこと、メンバーの理解度に応じて説明方法を変えることができるといった能力も必要となってきます。

関連部署との連携を上手にとっていけるのも中堅社員に求められる能力です。他部署と連携し、スケジュールや期待値などを調整できる能力があることが理想的です。

また、上司の指示に対して課題やリスク、改善案とその根拠等を伝えることができる、優先度を自分で決めて効率よくタスクに取り組める、会議に必要な準備や、会議中の進行も中心となって動けるなど、主体的に役割を拡大し、業務を遂行できることも重要です。

中堅社員のロールモデルには、上記の要件を満たす、確実に業務を推進していくことができる積極的な社員が適しているでしょう。

③次世代リーダーのロールモデルに求められる人物要件

次世代リーダーは事業成長や目標達成など、ある程度責任を伴う職務につくことが多いため、自分のチームや組織のパフォーマンスを最大限に発揮できるような差配ができることを求められます。

事業成長や目標達成のために、相手の真意を引き出し、双方にとってメリットのある形を提示できるといったような、社内・社外を問わずに交渉できる力も必要とされるでしょう。

また、職務や経歴、年齢などに捉われず、相手の意見を受信できること、目標からみた現状や課題、改善案などを簡潔に説明し、相手の理解を得て目標達成に向けて推進する力も求められます。

後輩・部下のロールモデルになれるキャリアがあると、人材育成という面でもプラスにはたらき、メンバーの能力向上に繋がります。したがって、次世代リーダーのロールモデルには、柔軟でありつつも求心力のある、経験豊かな管理職を設定するといいでしょう。

ロールモデルを有効活用する方法

本来、ロールモデルは社員が各々で見つけるものです。しかし、上述したように、ロールモデルを設定することは、組織の活性化や個人の成長に繋がるため、会社側が積極的に働きかけてロールモデルを見つける支援をすると良いでしょう。

ここでは、ロールモデルの設定から活用において企業側が行うべきステップと、個人が行うべきステップを解説します。

■会社側のステップ①ロールモデルを設定する

企業側がロールモデルを設定する際に注目したほうがよい点は、2つあります。1つ目は、企業としてどのようなロールモデルを設定したいと考えているかです。

事業計画や中期経営計画から逆算し、どのような人材を増やしていくべきかという観点から具体的な人物像を設定するとよいでしょう。

2つ目は、企業として増やしたい人材のロールモデルはそれぞれの世代に存在しているかという点です。どれほど「こんな人材を育成したいから、こんなロールモデルが欲しい」と企業側が考えていても、存在しなければロールモデルとして設定することはできません。

ロールモデルとなれる存在、育成すればロールモデルになれる可能性のある人材がいるかどうかを見極めましょう。

■会社側のステップ②ロールモデルとなる人物を育成する

ロールモデルが設定できたら、ロールモデルとなれる存在、もしくはなれる可能性のある人材の育成を行いましょう。

ロールモデルを育成する際は、研修やOJTなど、様々な手法が考えられます。集合研修の場合は、キャリア別の研修会や座談会などによって、仕事に取り組む際のスタンスや、モチベーション向上へのアプローチを行います。

その他、課題解決のスキルや他部署とのネットワーク構築・コミュニケーションスキルなど個人の能力開発を行う場合もあります。

しかし、どれだけ集合研修でインプットをしたとしても、現場で活用できなければ意味がありません。したがって、研修で学んだことを現場で活用できるツールや仕組みを構築することが重要です。

また、人材育成は1回の研修や短期間で成果が出るものではありません。中長期の視点で育成計画を立案しましょう。

■会社側のステップ③ロールモデルの設定を促す広報活動を行う

最後に、ロールモデルの存在を社内で周知する必要があります。ロールモデルとなれる人材が社内にいたとしても、その存在が知られていなければロールモデルとして機能しません。

ロールモデルの周知方法は、社内報など、社内の広報ツールへインタビュー記事等を掲載することの他に、社内の研修内や採用活動の際での例として紹介するなどの方法があります。

広報する際には、社員からの関心の高い「ワークライフバランス」「スキルアップ」「育児との両立」などのテーマごとにまとめて紹介する、実際に直面している課題や克服するための方法も合わせて紹介する、趣味やプライベートなど業務以外で何に注力しているのかなども紹介するなどして、多くの社員から共感を得られる工夫をすることも大切です。

■社員自身のステップ①ロールモデルを選定する

社員自身がロールモデルを設定し、活用する際には、直属の先輩やよく話す先輩など、自分の観察できる範囲から

  • 自分よりも高いレベルで仕事をし、成果を出している人
  • 自身が学びたい、できるようになりたい行動ができている人
  • 高い技術や専門知識のある人

など、尊敬できる憧れの人をロールモデルとして設定しましょう。前述した通り、身につけたいスキルや知識に応じて、さまざまな観点ごとに高いスキルを持った複数の人をロールモデルにしても問題ありません。

習得したいスキルや行動ごとにロールモデルを設定することで、より高いレベルで学ぶことができます。

■社員自身のステップ②ロールモデルの行動や思考を分析する

ロールモデルを設定したら、ただ「あんな人になりたい」と思うだけでなく、ロールモデルを観察することで行動や思考を分析する必要があります。

自分でロールモデルを観察して得た情報から、ロールモデルの行動や思考の特徴を言語化し、自分でも実践できるレベルまで砕いて理解することが重要です。

例えば、

  • 細やかでスピード感もって対応するため、顧客からの信頼が厚い
  • 顧客の求めていることを把握するために徹底したヒアリングを行うため、提案力がある
  • 実現したい目的から構造化し、選択肢を提示するため、交渉力が高い
  • 後輩指導では、何が良くなかったのか、どうすれば良かったのかを後輩に問いかけるので、指導への納得感がある

など、具体的にどんな行動をしているから高いパフォーマンスを発揮しているのかをピックアップしましょう。

その行動を分類・ラベリングして整理することで、学ぶべきポイントが明確になります。

■社員自身のステップ③ロールモデルの行動や思考を取り入れ、振り返りを行う

ステップ②で言語化したロールモデルの行動の中で、すぐに実行できそうなものは真似して自分でもやってみましょう。実際に真似することで、同じ思考プロセスをなぞることができたり、行動の根拠を考えるようになるため、自分との差分を学ぶことができます。

真似して分かった結果を振り返ることで、自身の行動として習慣化されていきます。習慣化される行動や思考が増えれば増えるほど、スキルアップに繋がっていきます。

記事まとめ

ロールモデルによって成長できた人材は、上記のステップを辿るため、自分がどのようにスキルアップしたりキャリアアップをしたかを深く理解しています。

このような人材は、ロールモデルの有効性に実感を持っているため、後輩育成にも良い影響を与え、新たなロールモデルの成長につながります。

ロールモデルが次世代のロールモデルを生み出すという好循環が回れば、組織が活性化し、業績の向上にも寄与するといえるでしょう。ご紹介したステップが、各社のロールモデルの設定や育成にお役立ていただければ幸いです。

▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら

LM編集部
LM編集部

理念・採用・風土・制度など組織人事のトレンドを発信しています。 基本的な用語解説から、多くの企業で陥っている実態、 弊社が培ってきた組織変革技術の知見を踏まえたポイント解説まで 皆様のお役に立ち情報をお届けします。

注目コラム

PDCAとは?PDCAサイクルの重要性、よくある失敗例と対策方法を解説

PDCAは、多くの企業でやビジネスマンが使用する、業務効率化のためのフレームワークです。しかし、PDCAが提唱され…

インセンティブとは?~制度の種類やメリット・デメリット、成功事例から導入時の注意点など~

企業成長のためには、戦略を実行する実行力が鍵を握ります。実行力を左右する要素の1つが…

アンガーマネジメントとは?研修に取り入れるメリットや効果、実践方法を解説

仕事中にイライラしてしまうこと、思うように感情をコントロールできないことはありませんか? アンガーマネジメント…

OJTとは?OFF-JTとの違いやメリット、指導方法のコツを解説

OJT(On-the-Job-Training)とは、実務を通じて業務を教える育成方法です。OJTは従業員の即戦力化を図ることがで…

レジリエンスとは?心が折れやすい人の特徴や鍛える方法を解説

コロナウィルス感染拡大に伴い、採用市場における潮目は大きく変化しつつあります。今後の採用市場で勝ち抜くため…

マネジメントとは?本質と役割、今の時代に求められる能力を開設

「マネジメント」強化は、環境変化の激しい昨今、益々重要度が高まっています。そのため、マネージャーの役割や…

新着記事

AQ(逆境指数)とは?IQ・EQとの違いや指数レベルについて徹底解説

AQ(逆境指数)とは、個人や組織が逆境に対処する力を指標化したものです。逆境に立たされたとき、それを乗り越える力は個人にとっても組織にとっても非常に重要です。本記事では、組織開発や人材育成などで注目されつつあるAQについて、その概念やIQ・EQとの違い、AQを構成する要素やAQの高い人・低い人の特徴などについて解説していきます。

帰納法・演繹法とは?考え方や活用シチュエーション例をご紹介

日常のコミュニケーションにおいて相手に自身の考えや気持ちを「伝える」ことは非常に重要になります。 しかし、「伝える」ことよりも「伝わる」ことが非常に重要になります。なぜなら、自分が伝えたことが意図しているように相手に伝わっているかはわからないからです。 相手に自分の意図した考えや気持ちが「伝わる」ために相手との「信頼関係」や「情理」が非常に大切ですが、構造的にわかりやすく伝える「論理」も同様に大切です。ここでは論理的に相手に伝える技術の一つである「帰納法」を掘り下げて述べていきたいと思います。

演繹法と帰納法の違いとは?考え方や鍛え方をご紹介

ロジカルシンキングの観点として、演繹法(えんえきほう)と帰納法の2つがあります。この2つは、高校数学で扱われる学校もあるため、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 ロジカルシンキングは、理系の学問に必要なイメージがありますが、社会人になると、あらゆる仕事において必要になってきます。今までロジカルシンキングを意識してこなかった文系の人や新卒の人は、特に苦手意識を感じてしまいます。

視座・視点・視野の違いとは?高めるメリットや方法を解説

皆さんは「視座が低い」「視点が違う」「視野が狭い」等のフィードバックをもらうことはあるでしょうか。 この記事では、「視座」「視点」「視野」のそれぞれについて説明し、「視座」を高めることによるメリットと「視座」を高める方法を合わせてご紹介します。 この記事が皆さんにとって「視座」を高めるきっかけになると幸いです。

フォロワーシップとリーダーシップの違いとは?役割や実践方法をご紹介

最近、「リーダーシップ」とともに「フォロワーシップ」というキーワードを聞いたことがあるのではないでしょうか?近年注目されてきている言葉で、あまりなじみがない方もいるかもしれません。 この記事では、フォロワーシップが注目されている背景や種類、活用方法などをお伝えします。

コーピングとは?種類や導入方法を徹底解説

ストレスに対処し、良い方向に転換させるコーピング(ストレスコーピング)は、プライベートだけでなく仕事においても心身ともに健やかに働くために重要視されてきているテーマです。 社内教育としての導入や、組織体制づくりに取り入れる等によって社員のパフォーマンス向上につなげようとする企業も増えてきました。 しかしながら、そもそもコーピングとは何か・一体どのように取り組めば良いのかという方も多いかもしれません。本記事では、コーピングの基礎知識や効果的な方法、取り入れ方についてご紹介していきます。

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味を持っています

総合不動産業 N社様

2021-12-07

「自分で目標をたて、自ら実現する 自立型人材」になるために

人材開発・人材育成とは?必要なスキルや効果的な手法を解説

2020-12-26

企業において、人材育成/人材開発というのは重要なテーマの1つです。しかし昨今、社会経済の変化や、価値観の多様化の中で、従業員の動機形成や、成長促進に悩む企業が多くあります。 本記事では、そもそも人材育成/人材開発は何かを説明し、直近の課題を明確にした上で効果的なアプローチを解説します。各階層で求められるスキルや事例にも触れますので、ぜひ、人材育成/人材開発のポイントを押さえ、事業成果や組織成長に繋げていきましょう。

リモート研修のコツとは?導入のポイントと事例を紹介

2020-10-30

新型コロナウイルス流行の影響で、多くの企業がリモートワークを導入しました。それに伴い、今まで対面で行ってきた研修も次々とリモート研修に切り替わっています。 しかし、今まで前例があまりなかったこともあり、リモート研修を行おうか悩んでいる企業や、リモート研修を行いたくてもノウハウやナレッジがなく困っている企業が多々あります。 この記事では、リモート研修のメリット・デメリットから、成功させるための効果的なコツまでご紹介致します。

視座・視点・視野の違いとは?高めるメリットや方法を解説

2021-12-22

皆さんは「視座が低い」「視点が違う」「視野が狭い」等のフィードバックをもらうことはあるでしょうか。 この記事では、「視座」「視点」「視野」のそれぞれについて説明し、「視座」を高めることによるメリットと「視座」を高める方法を合わせてご紹介します。 この記事が皆さんにとって「視座」を高めるきっかけになると幸いです。

フォロワーシップとリーダーシップの違いとは?役割や実践方法をご紹介

2021-12-22

最近、「リーダーシップ」とともに「フォロワーシップ」というキーワードを聞いたことがあるのではないでしょうか?近年注目されてきている言葉で、あまりなじみがない方もいるかもしれません。 この記事では、フォロワーシップが注目されている背景や種類、活用方法などをお伝えします。

コーピングとは?種類や導入方法を徹底解説

2021-12-21

ストレスに対処し、良い方向に転換させるコーピング(ストレスコーピング)は、プライベートだけでなく仕事においても心身ともに健やかに働くために重要視されてきているテーマです。 社内教育としての導入や、組織体制づくりに取り入れる等によって社員のパフォーマンス向上につなげようとする企業も増えてきました。 しかしながら、そもそもコーピングとは何か・一体どのように取り組めば良いのかという方も多いかもしれません。本記事では、コーピングの基礎知識や効果的な方法、取り入れ方についてご紹介していきます。

あなたの組織にも、課題はありませんか?

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

マネジメント育成の手引き

マネジメント育成の手引き

サービスご紹介資料

採用戦略の教科書

採用戦略の教科書
ページトップへ戻る