catch-img

コロナ禍で注目の「テレワーク」とは?メリット・デメリットや導入方法を簡単に解説!

皆さんは最近「テレワーク」という言葉を耳にすることがよくあるのではないでしょうか? 新型コロナウイルスの影響により、多くの企業でテレワークの導入が進んでおり、その種類や活用方法も多様化してきています。

本記事では、テレワークの種類や各種ツールのメリット・デメリット、また導入時の留意点などについてお伝えします。


▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら 

目次[非表示]

  1. 1.テレワークとは
  2. 2.主なテレワークの種類
  3. 3.テレワークを導入するメリット
  4. 4.テレワークを導入するデメリット
  5. 5.テレワークの導入手順
  6. 6.記事まとめ

テレワークとは

■テレワークとは?

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、 場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語と言われています。

テレワークという言葉の起源は1970年で、アメリカでの大気汚染や石油危機をきっかけに これらの問題解決のために自宅にいながら仕事をするというスタイルが始まりました。

日本での始まりは1984年に日本電気(NEC)により結婚や出産を機に女性が退職してしまうことへの対策として吉祥寺にサテライトオフィスを設立した事例とされています。昨今では女性の雇用機会のためだけでなく、将来的に日本が少子高齢化になることが危惧され、多くの人が柔軟に働くことができるよう、在宅でも仕事のできるテレワークが広がっていきました。

■テレワークの導入実態

日本でも1980年代から普及してきたテレワークですが、2020年2月頃から世界中で感染拡大した新型コロナウイルスの影響によって、テレワークの導入が急速に進みました。

東京都の調査によると、都内のテレワーク実施率は2020年3月以降から急増しています。2021年8月の調査では、下記の3つのポイントがあげられています。

  • 都内企業(従業員30人以上)のテレワーク実施率は65.0%。
  • テレワークを実施した社員の割合は、54.3%。
  • テレワークの実施回数は、週3日以上の実施が51.6%。

これらの結果からもわかるように、過半数の企業や社員がテレワークを実施しており、現在では主流の働き方になりつつあります。


※参考:

東京都 テレワーク実施率調査結果
リンクアンドモチベーション IRBOOK2020

このように首都圏を中心にテレワークの導入が進んできていますが、それらをうまく活用することで企業全体の生産性を高めることが重要です。

その一例として、当社グループでは「Compatible Work」という働き方モデルを新たに構築しました。「Compatible Work」とは、「労働生産性」と「従業員エンゲージメント」を同時に高めるリアルとバーチャルの特性を活かした働き方です。

具体的には、チームごとに出社日とテレワーク日を設定し、それぞれ に適した業務デザイン・遂行を行っていきます。従業員エンゲージメントを大切にしている当社グループだからこそ、状況に応じてコミュニケーションの在り方も柔軟に変更しています。


リアルとバーチャルの両方を活用しながら働けるようになった現代では、それぞれのメリットを把握し状況に応じて使い分けることが、企業や働く従業員にとって大切になっています。

■テレワークとリモートワークの違い

テレワークと似た言葉で「リモートワーク」が挙げられますが、この2つの違いはどのような点にあるのでしょうか。

テレワークとリモートワークは、それぞれ下記のように定義されています。

テレワーク:情報通信技術(ICT:Information and Communication Technology)を活用した、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」を指す。
リモートワーク:Remote(遠隔)とWork(働く)を組み合わせた造語であり、オフィスから離れた遠隔地で働く勤務形態を指す。

つまり、テレワークとは情報通信技術という手法によって、リモートワークとは働く場所によって区別されています。そのため、テレワークではどのようなツールを導入するかが重要なポイントとなります。

※参考:ワークフロー総研 「テレワークとリモートワークに違いはある?メリットや導入のポイントも解説」

主なテレワークの種類

次に、テレワークにはどのような種類があるのでしょうか。ここでは、それぞれの概要だけではなく、メリットも合わせてお伝えします。

■在宅勤務

テレワークの代表として挙げられるのは、在宅勤務です。在宅勤務とは、「所属するオフィスに出勤しないで自宅を就業場所とする勤務形態」を指します。テレワークといえば、在宅勤務であると考える人も多いのではないでしょうか。

在宅勤務には、以下3つのメリットがあります。
①従業員のワーク・ライフ・バランスを実現することができます。
②育児・介護期の従業員や障がいなどにより通勤が困難な従業員がキャリアの継続を図ることができます。
静かな環境を整えやすいため、集中して業務を行うことができます。

このように、多様な働き方を実現することができたり、集中できる場所で働けるというメリットがあります。

■モバイルワーク

次に挙げられるのは、モバイルワークです。モバイルワークとは、「移動中(交通機関の車内など)や顧客先、カフェなどを就業場所とする働き方」を指します。

モバイルワークには、以下2つのメリットがあります。
オフィスまでの通勤時間や外出時の移動時間などを有効活用することができます。
③必要な際には、顧客先で迅速に対応することができます。

このように、顧客先へ訪問する際の移動時間に携帯で業務をすることができたり、打ち合わせまでの待ち時間にカフェで仕事をすることもできます。

■サテライトオフィス

最後に、サテライトオフィスについてです。サテライトオフィスとは、「所属するオフィス以外の他のオフィスや遠隔勤務用の施設を就業場所とする働き方」を指します。

サテライトオフィスには、以下3つのメリットがあります。
①顧客先に近い施設を利用することで、迅速な顧客対応、帰社などのための移動時間の削減により、業務を効率化できます。
②従業員の自宅に近い施設を利用することで、所属するオフィスまで通勤することが困難な人材を活用できます。
③遊休施設や空き家などを活用することで、オフィスコストを抑えることができます。

このように、社員一人ひとりの時間を有効活用できるようになるだけでなく、会社としても管理コストを削減することができます。

※参考:働き方・休み方改善ポータルサイト 「テレワークとは」

テレワークを導入するメリット

すでにテレワークとはの見出しでも説明しましたが、具体的には下記2つのメリットが上げられます。

■モチベーションの向上

テレワークの最も大きなメリットは、「時間と場所を選ばない働き方」です。テレワークで働く社員(テレワーカー)が自分らしく自由に働けることにより、仕事へのモチベーションが上がります。

■通勤時間の減少

もう一つのメリットは、通勤時間を削減できることです。毎日通勤のためにかけていた時間を、他の仕事やプライベートの時間にあてることができます。

実態としては、総務省の「平成28年 社会生活基本調査」によると、2015年の日本国民の平均通勤時間は1日換算で34分(男性43分、女性25分)でした。勤務形態をテレワークに切り替えることにより、平均30分以上の通勤時間を削減できるだけでなく、通勤時に生じるストレスなどの精神的負担も減少させることができます。

※参考:テレワークナビ 「テレワークとはどんな働き方?在宅勤務との違いや導入のポイントを解説」 ​​​​​​​

テレワークを導入するデメリット

一方で、テレワークにもデメリットがあります。今回は、企業視点でのデメリットを2つお伝えします。

■セキュリティ対策が必要

1つ目のデメリットは、セキュリティ対策が必要になることです。テレワーク導入によって、様々な場所で働くことができる一方で、情報漏洩リスクが高まります。

例えば、移動中の交通機関や飲食店などで業務を行うことにより、端末を紛失したり、業務中の画面を第三者に見られたりといったリスクが高まります。他にも、自宅・公共ネットワークのセキュリティに不備がある場合に、知らない間に情報漏洩するリスクがあります。

解決策としては、総合的なセキュリティ対策を行い、従業員のセキュリティ意識を高めることです。総務省では、「テレワークセキュリティガイドライン第4版」で「ルール・技術・物理」の観点からトータル的なセキュリティ対策を行う重要性が指摘されています。

■従業員の労働実態の把握が難しい

2つ目のデメリットは、従業員の勤怠・タスク管理が複雑化し、労働実態の把握が難しくなることです。以前ならオフィス内で働いている姿が見えていましたが、テレワーク下では「だれが」「どこで」「どんな仕事をしているのか」という労働時間や業務内容を把握できないことが多いです。

解決策としては、勤怠管理システムやタスク管理ツールを導入したり、コミュニケーションツールを使った作業報告などを行うことが重要になります。

※参考:
テレワークナビ 「テレワークにはセキュリティ対策が必須!とるべき7つの施策とツールを解説」
ワークフロー総研 「テレワークとリモートワークに違いはある?メリットや導入のポイントも解説」

テレワークの導入手順

最後にテレワークをどのような手順で導入すると良いのかをお伝えします。

■自社の「テレワークの導入レベル」を把握

まず、ツールを導入する前に、自社のテレワークがどの程度進んでいるのかを確認する必要があります。実態を把握することで、テレワークにおいて自社がどのような課題を抱えているのか、またそれを解決する方法は何か、などを知ることができます。

実態を把握する際には、2018年に総務省が発表した「働き⽅改⾰のためのテレワーク導⼊モデル」を活用すると便利です。

本モデルは、最初に「業種」と「従業員規模」の2軸から企業を分類しています。その次に、それぞれの企業群とテレワークの導入段階に応じて生じる課題を提示しています。 ※下記の図を参照。


図で表示しているように、企業カテゴリーやテレワーク導入状況により、直面する課題が異なります。例えば、テレワークを導入し始めた頃に生じる課題は、「『食わず嫌い』な層への対応」です。

業界や企業の風土から「自社の企業風土や職種には、テレワークは合わないだろう」と思い、テレワークを試すことを躊躇する社員が出てくることがあります。この課題に直面した際には、試行段階から管理職を積極的に巻き込み、テレワークがしやすい環境を整えることが必要です。

このように、上記モデルに基づき、自社のテレワーク実態を検討することが、テレワークの導入を成功させる鍵となります。

■テレワークに必要なツールをチェック

次に、必要となるのは導入ツールの選定です。ITツールには無料と有料のもの両方がありますが、ビジネスシーンには有料版のツールをおすすめします。なぜなら、無料版だと使用できるサービス内容が少なく、業務に支障をきたすリスクが発生するからです。

一方で、有料版を活用すると、使用できるサービスの幅が広がり、スムーズに業務を遂行することができます。

下記に記載しているものが、ツール一覧です。

■Web会議システム

Web会議システムは、オンライン上で相手の顔を見ながら、打ち合わせや会議を行うことができるツールです。実際に、社内ミーティングやオンライン研修、Web面談などで活用されています。代表的なツールとしては、ZOOMミーティングGoogle MEET等です。

■ビジネスチャットツール

ビジネスチャットツールは、メールよりも気軽かつ手軽に、社員同士だけでなく顧客や取引先ともコミュニケーションを行えるITツールです。

テレワークだとオフィスのように気軽に会話ができないといったコミュニケーション上の課題が表出しますが、それを解決することができるツールです。業務連絡や打ち合わせなどに活用することができます。Google chatなどが代表的な例として挙げられます。

■グループウェア

グループウェアとは、Googleカレンダーなどを代表とした、社員の予定を一括で把握し共有できるツールです。グループウェアを効果的に活用することで、離れた場所で活動していてもお互いの状況を把握することができます。

■勤怠管理ツール

勤怠管理ツールは、社員の勤怠時間や業務内容などを把握するのに効果的です。テレワーク導入時には、「社員の勤怠時間がわからない」や「業務内容が見えないため、評価が難しい」などの課題が生じます。その際に、勤怠管理ツールを活用することで、社員の動きを可視化することができ、評価の際にも有効的です。

参考:
総務省 「働き⽅改⾰のためのテレワーク導⼊モデル」
​​​​​​​テレワークナビ 「テレワークとはどんな働き方?在宅勤務との違いや導入のポイントを解説」

記事まとめ

テレワークは、自社に合わせて導入することで、社員にとって働きやすい環境を作り出すことができ、エンゲージメント向上にも繋がります。自社の実態を適切に把握したうえでツールを選択し、テレワークのメリットを最大化できるようにしていきましょう。  

▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら 

LM編集部
LM編集部

理念・採用・風土・制度など組織人事のトレンドを発信しています。 基本的な用語解説から、多くの企業で陥っている実態、 弊社が培ってきた組織変革技術の知見を踏まえたポイント解説まで 皆様のお役に立ち情報をお届けします。

注目コラム

PDCAとは?PDCAサイクルの重要性、よくある失敗例と対策方法を解説

PDCAは、多くの企業でやビジネスマンが使用する、業務効率化のためのフレームワークです。しかし、PDCAが提唱され…

インセンティブとは?~制度の種類やメリット・デメリット、成功事例から導入時の注意点など~

企業成長のためには、戦略を実行する実行力が鍵を握ります。実行力を左右する要素の1つが…

アンガーマネジメントとは?研修に取り入れるメリットや効果、実践方法を解説

仕事中にイライラしてしまうこと、思うように感情をコントロールできないことはありませんか? アンガーマネジメント…

OJTとは?OFF-JTとの違いやメリット、指導方法のコツを解説

OJT(On-the-Job-Training)とは、実務を通じて業務を教える育成方法です。OJTは従業員の即戦力化を図ることがで…

レジリエンスとは?心が折れやすい人の特徴や鍛える方法を解説

コロナウィルス感染拡大に伴い、採用市場における潮目は大きく変化しつつあります。今後の採用市場で勝ち抜くため…

マネジメントとは?本質と役割、今の時代に求められる能力を開設

「マネジメント」強化は、環境変化の激しい昨今、益々重要度が高まっています。そのため、マネージャーの役割や…

新着記事

AQ(逆境指数)とは?IQ・EQとの違いや指数レベルについて徹底解説

AQ(逆境指数)とは、個人や組織が逆境に対処する力を指標化したものです。逆境に立たされたとき、それを乗り越える力は個人にとっても組織にとっても非常に重要です。本記事では、組織開発や人材育成などで注目されつつあるAQについて、その概念やIQ・EQとの違い、AQを構成する要素やAQの高い人・低い人の特徴などについて解説していきます。

帰納法・演繹法とは?考え方や活用シチュエーション例をご紹介

日常のコミュニケーションにおいて相手に自身の考えや気持ちを「伝える」ことは非常に重要になります。 しかし、「伝える」ことよりも「伝わる」ことが非常に重要になります。なぜなら、自分が伝えたことが意図しているように相手に伝わっているかはわからないからです。 相手に自分の意図した考えや気持ちが「伝わる」ために相手との「信頼関係」や「情理」が非常に大切ですが、構造的にわかりやすく伝える「論理」も同様に大切です。ここでは論理的に相手に伝える技術の一つである「帰納法」を掘り下げて述べていきたいと思います。

演繹法と帰納法の違いとは?考え方や鍛え方をご紹介

ロジカルシンキングの観点として、演繹法(えんえきほう)と帰納法の2つがあります。この2つは、高校数学で扱われる学校もあるため、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 ロジカルシンキングは、理系の学問に必要なイメージがありますが、社会人になると、あらゆる仕事において必要になってきます。今までロジカルシンキングを意識してこなかった文系の人や新卒の人は、特に苦手意識を感じてしまいます。

視座・視点・視野の違いとは?高めるメリットや方法を解説

皆さんは「視座が低い」「視点が違う」「視野が狭い」等のフィードバックをもらうことはあるでしょうか。 この記事では、「視座」「視点」「視野」のそれぞれについて説明し、「視座」を高めることによるメリットと「視座」を高める方法を合わせてご紹介します。 この記事が皆さんにとって「視座」を高めるきっかけになると幸いです。

フォロワーシップとリーダーシップの違いとは?役割や実践方法をご紹介

最近、「リーダーシップ」とともに「フォロワーシップ」というキーワードを聞いたことがあるのではないでしょうか?近年注目されてきている言葉で、あまりなじみがない方もいるかもしれません。 この記事では、フォロワーシップが注目されている背景や種類、活用方法などをお伝えします。

コーピングとは?種類や導入方法を徹底解説

ストレスに対処し、良い方向に転換させるコーピング(ストレスコーピング)は、プライベートだけでなく仕事においても心身ともに健やかに働くために重要視されてきているテーマです。 社内教育としての導入や、組織体制づくりに取り入れる等によって社員のパフォーマンス向上につなげようとする企業も増えてきました。 しかしながら、そもそもコーピングとは何か・一体どのように取り組めば良いのかという方も多いかもしれません。本記事では、コーピングの基礎知識や効果的な方法、取り入れ方についてご紹介していきます。

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味を持っています

LGBTとは?日本での割合や現状は?企業で必要な支援制度について

2021-11-08

LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの4つの英語の頭文字をとった言葉で、性的少数者を表す総称の一つです。近年、働き方改革や多様性推進の必要性が叫ばれる中、政府や企業によるLGBTへの対応や支援制度に注目が集まっています。 本記事では、「LGBTの基礎知識や日本の現状」「企業におけるLGBT支援の必要性と取り組み事例」について分かりやすく解説していきます。

KPIとは?設定するメリットやKGIとの違いは?具体的な設定方法も解説

2021-11-08

事業や個人の成長には、目標設定や達成までのプロセスを定量的に可視化し、計測することが欠かせません。そんな目標の達成度合いを測るための具体的な指標として注目されているのが「KPI」です。 この記事では、KPIとは何か、セットで使われるKGIとの違い、KPIを設定するための注意点や具体的な方法について解説します。

シンギュラリティとは?社会に与える影響や実現可能性について分かりやすく解説

2021-11-08

人工知能が人間の知能を超える世界ーー。アニメ「攻殻機動隊」やSF映画「ターミネーター」を通してその世界が描かれましたが、これらの実現は間近に迫っているといわれています。 この人工知能が人間の知能を超える転換点を「シンギュラリティ」と言います。 この記事では、シンギュラリティの意味や社会に与える影響について、お伝えします。

ITSS(ITスキル標準)とは? 社内で活用できるスキルの種類と運用のコツを紹介

2021-11-08

ITSSとは、「IT Skill Standard」の略称であり、IT人材に対するスキル体系のことです。現状の保有能力を数値化し、育成や評価の指標として活用できることから、近年注目を集めています。 本記事では、ITSSの意味や策定の目的、効果的な運用方法についてお伝えしていきます。

イノベーションの意味や定義とは?イノベーションに成功した企業の事例も紹介

2021-11-01

近年多くの企業が「イノベーション」というテーマを掲げています。しかし、従業員の方に「御社にとってのイノベーションとは何ですか?」と聞くと、「新しいビジネスを立ち上げることですかね・・・」「1人ひとりが新しい挑戦をすることですかね・・・」と歯切れが悪かったり、定義がバラバラであることが非常に多いです。 では、そもそもイノベーションとは何なのでしょうか?本コラムではイノベーションの意味(≒定義)について解説します。

マインドフルネスとは?ビジネスで注目される理由や効果について解説

2021-11-01

最近、「マインドフルネス」という言葉をよく耳にしませんか?マインドフルネスは、「今の瞬間の現実に常に気づきを向け、その現実をあるがままに知覚し、それに対する思考や感情にはとらわれないでいる心の持ち方、存在の在り様」と定義されています。 マインドフルネスは適切に理解し日常生活で実践することで、心身の健康の維持にもつながり、自分で健康を管理する(セルフメディケーション)にも寄与します。 またマインドフルネスはビジネスフィールドにおいても、職場のメンタルヘルスケアにおけるストレス軽減や、集中力UPにも非常に役立つため、生産性向上のために取り組む企業が増えている、今注目されているキーワードです。

あなたの組織にも、課題はありませんか?

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

マネジメント育成の手引き

マネジメント育成の手引き

サービスご紹介資料

採用戦略の教科書

採用戦略の教科書
ページトップへ戻る