catch-img

新入社員が新入社員研修を「きつい」と感じる理由とは?対応策や工夫も解説

新入社員が入社すれば、ほとんどの企業で新入社員研修を実施します。しかし、その研修をきついと感じる新入社員が実際のところ多いのが実態です。企業側が、新入社員のきついと感じる原因を追求し改善しなくては、新入社員の戦力化が難しくなるかもしれません。本記事では、新入社員研修がきついと感じる理由や対策などを解説します。新入社員研修に携わる人は、ぜひ参考にしてください。

目次[非表示]

  1. 1.新入社員が新入社員研修をきついと感じる理由
  2. 2.新入社員がきついと感じる新入社員研修のリスク
  3. 3.新入社員がきついと訴えてきた際の対応策
  4. 4.新入社員研修をきついと感じさせないための工夫
  5. 5.きついと感じる新入社員研修を改善しなくてはならない理由
  6. 6.まとめ

新入社員が新入社員研修をきついと感じる理由

新入社員が、研修をきついと感じる理由はそれぞれです。ここでは、主な理由を5つ紹介します。

環境変化への対応がうまくいかない

環境変化への対応がうまくいかないことが、新入社員研修をきついと感じる大きな理由です。学生時代の比較的に自由度が高い生活環境を、社会人となることで大きく変えざるを得なくなります。社会人としての責任感もあるため、軽率な言動も慎まなければなりません。

また、社会人になることで、新たに労働環境も加わります。急激な環境変化への対応がうまくいかなければ、新入社員研修もきついと感じる可能性が高くなるでしょう。

多くの情報を吸収できない

社会人になり最初に受ける新入社員研修では、さまざまなカリキュラムがあり、多くの情報の取得を義務づけされます。このような情報を吸収し、習得を余儀なくされる環境下は、新入社員にとってきついと感じるかもしれません。

研修を担当する指導者が厳しい

新入社員研修を担当する指導者のなかには、即戦力となることを期待して厳しい態度とる場合があります。これは、過去の自分の経験からのものであり、一概に否定されるものではありません。

しかし、行き過ぎた言動により、新入社員がきつさを感じるケースは増加しています。指導者には、時代に適した指導が求められているといえます。

指導者や他の新入社員とうまくコミュニケーションが取れない

新入社員のなかには、指導者や他の新入社員と、うまくコミュニケーションが取れない人も少なくなりません。指導者と新入社員では、知識やスキルに大きな差があり、コミュニケーションが取りにくい場合があります。

また、新入社員間であっても、人間関係構築のためにコミュニケーションが求められる場面が多々あります。そのような理由により、うまくコミュニケーションが取れなければ、きついと感じてしまうでしょう。

研修内容に対する不満や理解不足

企業が、新入社員に必要な研修内容であると準備した研修内容でも、新入社員がそれをイメージできなければ、不要に思えるかもしれません。不要と思える研修が長時間に渡れば、きついと感じる新入社員も現れるでしょう。

これは、企業の研修内容の周知不足や新入社員の理解不足が主な要因です。改善することによって、解消できる内容なので早急な対応が求められます。

新入社員がきついと感じる新入社員研修のリスク

新入社員が研修をきついと感じることは、企業にとってのリスクです。どのようなリスクがあるのかを知っておく必要があります。

不安を抱えたまま配属による生産性の低下

新入社員研修で、きついと感じたり不安を抱えたりしたまま配属されれば、配属先で十分なスキルを発揮できないケースが多くあります。新入社員が、スキルを発揮できないのは、企業にとって大きなリスクです。

また、新入社員研修で、スキルを完全に習得していなければ、不安からミスが多発するかもしれません。これも、企業のリスクといえるでしょう。結果として、自主的に行動できなくなり、周囲も巻き込まれるため、生産性が大幅に低下する可能性もあります。

早期退職につながりやすい

新入社員が研修をきついと感じれば、早期退職リスクが高まります。労働力や時間、コストをかけて採用した優秀な人材が、新入社員研修を終了せずに辞めてしまえば意味がありません。新入社員研修では、企業に定着するような内容が求められます。

次年度移行の採用活動への悪影響

新入社員が、「この企業の新入社員研修はきつい」と後輩に話し、それが広まれば採用活動への悪影響になります。同じ学校からの採用が多い企業は、特に注意が必要です。

新入社員研修がきつい理由に、パワーハラスメントやモラルハラスメントなどが上げられるケースもあります。特にハラスメントが原因であれば、影響はより大きくなるでしょう。パワーハラスメントやモラルハラスメントと捉えられない研修内容が求められます。

新入社員がきついと感じる新入社員研修の対応策

新入社員が、きついと感じる研修には対応策があります。ここでは、代表的な方法を3つ紹介します。

メンター制度を取り入れる

新入社員研修や配属を含めて、メンター制度を取り入れることが有効です。メンターによるサポートを受けることで、新入社員はスキルを発揮しやすくなります。

ポイントは、新入社員と直接の利害関係が少ない者をメンターに選ぶことです。新入社員が相談しやすくなり、研修中にきついと感じたりする部分を話せることで、不安要素の改善につながるでしょう。

人事部によるメンタルサポート

人事部による、新入社員のメンタルサポートを手厚くする方法も有効です。新入社員は、少しの出来事で不安になったり、自信を失ったりしやすいものです。人事部の担当者が新入社員にヒアリングすることで、課題をともに解決しようとする姿勢を示し、新入社員研修のきつさを軽減することができます。

新入社員と配属先の上司との面談

新入社員の配属先が決まっているなら、研修期間中に配属先上司との面談することも有効です。できれば、複数回の面談が望ましいでしょう。上司とのコミュニケーションを深められて、配属先で期待されている業務などを理解できるため、研修に集中しやすくなります。

また、研修での成果を、直属となる上司に評価されればモチベーションの向上にもつながります。

新入社員がきついと訴えてきた際の対応策

新入社員が、研修をきついと訴えてくることも少なくありません。その場合の対応についての知見は必要です。

カリキュラムやスケジュールの見直し

新入社員が、研修の内容がきついと訴えてくる場合もあります。その場合、同じように感じている新入社員がいる可能性が高く、カリキュラムやスケジュールに対して早急な見直しを行う必要があります。

見直すためには予備日が必要なので、スケジューリングしておくことがおすすめです。加えて、スケジュールの見直しによる配属日の遅れは、慎重に考慮する必要があります。

医療機関で治療やカウンセリング

新入社員の保護は、最も優先すべき事項です。新入社員が研修をきついと訴えることは、相当の勇気が必要です。訴えてきた新入社員には、勇気を発しなければならない事態が生じていると認識しなければなりません。

特定の新入社員だけであれば、医療機関でカウンセリングも視野に入れて対応しましょう。医療機関が、治療を要すると判断すれば、それに従い対応する必要があります。

研修の中断も検討する

複数の新入社員がきついと感じたり、体調が崩れたりしている場合は、中断も検討しなければなりません。新入社員に無理をさせないことが、研修継続よりも優先されます。研修による多くの新入社員の体調悪化は、許されざる事態です。人事の役員レベルへ報告し、判断を仰ぐことも必要ですが、現場レベルでの早急な中断も検討しましょう。

新入社員研修をきついと感じさせないための工夫

新入社員研修が、きついと感じることにはリスクがあります。企業には、きついと感じさせないための工夫が求められます。

研修目的の周知徹底

新入社員に、研修の目的を周知することは重要です。ビジネスマナーやスキルの必要性を伝え、研修の目的を深く理解させましょう。また、新入社員はビジネスの経験がなかったり、未熟であったりすることも再認識させなければなりません。必要だと認識した研修であれば、研修に意義を見いだせるようになります。そうなれば、きついと感じる新入社員も減少するでしょう。

新入社員の1人ひとりを観察

新入社員の1人ひとりを観察し、個性を把握することも大事です。新入社員それぞれを観察して、得手不得手があること認識しましょう。そのうえで、苦手な内容を適切にフォローすれば、研修をきついと感じることも軽減できます。また、個性などを理解したうえでのフォローは、早期退職の防止にも役立つでしょう。

余裕のある研修スケジュールを組む

人事部内でよくありがちなのは、新入社員研修で多くを学んでもらいたい気持ちが先走り、過密スケジュールになることです。なるべく余裕のあるスケジュールを確保し、無理にカリキュラムを詰め込むのは避けましょう。

また、新入社員研修で、時間外研修を行うことは要注意です。残業が当たり前の企業と認識されるかもしれません。研修中であっても、ワークライフバランスには配慮するようにしましょう。

研修内容にグループワークを取り入れる

研修内容に、グループワークを取り入れる工夫も効果的です。新入社員研修は、座学が主体になりがちであるため、グループワークを取り入れて、コミュニケーションの向上を図りましょう。グループワークにより、新入社員間で協調関係や共闘関係は生まれれば、モチベーション向上にも役立ちます。

きついと感じる新入社員研修を改善しなくてはならない理由

新入社員が、きついと感じる研修を、改善しなくてはならない大きな理由は、早期退職の回避です。きついと感じたまま配属されれば、モチベーションが下がったままであり、業務を覚えが悪くスキルも発揮できないでしょう。

結果として、成果も出せない状態になれば、「この企業に自分は向いていない」と判断するかもしれません。研修中でもあっても、新入社員がきつさを感じていることが分かれば、改善する必要があります。

まとめ

新入社員にとって、入社して初めて受ける研修が新入社員研修です。新入社員研修をきついと感じるケースは少なくありません。大事な人材を失わないよう、きついと訴えてきた新入社員への対応は、迅速に対応しましょう。

また、新入社員研修は、ビジネス経験がほとんどない若者が対象です。難しい課題も多く、悩みを抱えやすい状況といえます。そのような人材の抱える悩みを解消したい場合は、リンクアンドモチベーションを利用を検討ください。「モチベーション」にフォーカスを当てた、組織人事コンサルティングサービスを提供しています。

  リンクアンドモチベーションのサービスご紹介資料 リンクアンドモチベーションが提供する各コンサルティングサービスの特徴を紹介。これまで5,000社以上の企業様のご支援をする中で明らかになった課題解決のポイントとフレームワークも収録。 ソリューションサイト
  お問合せ | リンクアンドモチベーション(組織開発・人材育成・研修) お問合せ前に必ずお読みください当社の個人情報保護方針をご確認いただき、ご同意の上、お申込みください。 ソリューションサイト

​​​​​​​

 
LM編集部
LM編集部
理念・採用・風土・制度など組織人事のトレンドを発信しています。 基本的な用語解説から、多くの企業で陥っている実態、 弊社が培ってきた組織変革技術の知見を踏まえたポイント解説まで 皆様のお役に立ち情報をお届けします。

新着記事

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味を持っています

あなたの組織にも、課題はありませんか?

各種サービス資料が無料ダウンロードできます

3分でわかる新入社員研修

3分でわかる新入社員研修

サービスご紹介資料

3分でわかるモチベーションクラウド

3分でわかるモチベーションクラウド
ページトップへ戻る