catch-img

マルチタスクとは?メリット・デメリットや得意な人の特徴は?効率の良いやり方も解説

世間一般ではマルチタスクとシングルタスクは異なるものと捉えられています。

しかし、仕事を行う上で両者で行うことは大きく異なりません。むしろ行うことは同じだともいえます。

その理由についてマルチタスクとシングルタスクがどういうものかを説明し、述べていきたいと思います。

▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら

目次[非表示]

  1. 1.マルチタスクとは?意味は?
  2. 2.マルチタスクを意識することによるメリット
  3. 3.マルチタスクを意識することによるデメリット
  4. 4.マルチタスクが苦手な人の特徴
  5. 5.マルチタスクを効率よく行う方法
  6. 6.記事まとめ


マルチタスクとは?意味は?

■マルチタスクとは

マルチタスクとは、複数の作業を同時並行、短期間で切り替えながら同時進行で行う能力のことです。

「同時並行で複数の作業を行うなど至難の業」と、同時進行の状態を難しく感じる人も少なくないでしょう。そのため、短時間で仕事が切り替わるためスピード感を持って集中しなければなりません。

要領良くマルチタスクを実行できれば、複数の作業を効率良く進められます。

マルチタスクは期限が決まっており、優先順位などを決めて組み替えていくことが求められる仕事に必要とされています。1個1個の仕事をマイルストーンに落とし、段取りとして組んでおくことが求められます。

つまり、マルチタスクで大事なことは達成しないといけないゴールや目標に向けて明確化を行って、その時に合わせた仕事を変わる変わる自身で取捨選択して行っていく必要があります。

しかし一般的に人間は、ひとつの物事に一点集中して取り掛かるほうが、仕事の効率は上がると言われており、マルチタスクは、短期間なら集中力が向上するものの、その効果が続くのはあくまで短期間。

状態を無理に続けると、脳にダメージを与えたりストレスを抱えたりする原因にもなるため注意が必要だとも述べられています。

■シングルタスクとは

一方でシングルタスクでは1つずつ仕事を進める方法です。1つのタスクが完了するまで、別のタスクには着手しません。

短時間ごとにタスクを切り替えるのが苦手な人には、シングルタスクが適しています。ほかのタスクに気を取られず1つの仕事に取り組めるので効率的です。

できるだけ静かな環境で仕事ができると、集中力が妨げられません。

また、シングルタスクはじっくり取り組めるのがメリットですが、時間をかけすぎては逆効果です。効率を上げるには、タスクにかける時間をあらかじめ設定しておくといいでしょう。タイマーを活用するのもおすすめです。

達成感を得られないと仕事のモチベーションを維持するのは難しいものです。ボリュームがある大きな仕事は、タスクを細かくわけて対応しましょう。タスクが細分化されることで1つずつのハードルが低くなり、達成感を得やすくなります。

たとえばシングルタスクで資料作成を行う場合は、順序立ててタスクを細分化するのがおすすめです。資料に必要な情報収集のタスク、資料の構成を考えるタスク、資料を作成するタスクなど、細かくわけるとスケジュールも立てやすくなります。

■マルチタスクとシングルタスクの違いとその使い分け

マルチタスクとシングルタスクの違いは1つの仕事を完遂させるかどうかです。

逆にどちらにも共通していることとしては1つの仕事を細分化したステップに砕くことでマイルストーンを設定し、時間を区切って効率よく完遂させることです。

では、どの様に使い分けたらいいのでしょうか? これは大きく次の2点に注目して見るべきだと考えています。

  • 仕事の緊急度
  • 仕事の協働者との関係性

仕事の緊急度

まずは前者の「仕事の緊急度」から説明させていただきます。

全ての仕事の緊急度は等しくありません。自分の直面している状況次第で緊急度も変わります。 そのため、今すぐ取り掛かる必要性のある緊急度の高いものであればシングルタスクの取り組み方で集中して完了する必要がある。

一方でどの案件も緊急度が大きく変わらないのであれば、次に話す仕事の協働者との関係性の観点も踏まえて適切に進捗させる必要があります。

仕事の協働者との関係性

次に後者の「仕事の協働者との関係性」です。

1人で受け持つ仕事も多いかもしれませんが、2人以上で行う仕事も多いと思います。その時にお互いの関係性に応じてマルチタスクかシングルタスクか使い分ける必要があります。

個々の能力や仕事の難易度に応じて取り組み方も異なっていきます。属人性や専門性の高いものであればシングルタスクで取り組む必要があります。

しかし、属人性も専門性も高いものでないのであれば適切に役割分担をすることで取り組む必要があります。

その時に自分の都合ではなく、協働者の都合に合わせた働き方が必要になります。この時にマルチタスクで取り組む必要があります。

このようにマルチタスクとシングルタスクは目的を考え、そこまでのプロセスを細分化して取り組むという点で同じです。しかし、緊急度や協働者との関係性によって適切に使い分けていく必要があります。

マルチタスクを意識することによるメリット

マルチタスクを意識することによるメリットは以下になります。

  • 同時進行で仕事ができる
  • 全体像を把握できる
  • コミュニケーションが円滑になる

1つずつみていきましょう。

■①同時進行で仕事ができる

マルチタスクは同時進行できるので、停滞させずに複数の仕事を進められます。突発的な対応や急な方向変換にも対応しやすくなるでしょう。

そのため、重要な業務を停滞させる心配はありません。また関係者の仕事が遅れていたり、停滞している場合にサポートしたり、協力したりもできるのでチーム内の結束力が高まります。

シングルタスクの場合、並行するほかの作業が一時的にストップしてしまいます。つまりその仕事に携わる関係者の業務まで、ストップしてしまうかもしれないのです。

■②全体像を把握できる

複数の仕事を手掛けていると、全体像を把握できます。たとえばプロジェクトのAだけでなく、AもBもCも担当すると、それぞれの仕事面から見える全体像や仕事では見えなかった新しい考えや気付きを得られるのです。

そうして全容を把握していくと、より効率よく仕事を遂行できます。

■③コミュニケーションが円滑になる

マルチタスクを上手に進められると、円滑なコミュニケーションを取れるのです。①と②から問題や課題も早期発見でき、スケジュールや仕事の進め方に変更がでた際、素早く行動できます。

「上司への相談」「部下への指示」「取引先へ情報を速やかに伝えられる」など、円滑なコミュニケーションによって仕事をスムーズに進められるようになるのです。

▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら

マルチタスクを意識することによるデメリット

マルチタスクを意識することによるデメリットは以下になります。

  • キャパシティーオーバー
  • 切り替えが難しい
  • 焦りやすい
  • 生産性の低下

1つずつみていきましょう。

■①キャパシティオーバー

マルチタスクには、向き不向きがあります。

向いている人は、効率良く同時進行で複数の仕事を進められます。しかし仕事の進行具合を把握できなかったり、予定どおりに仕事が進まなかったりしてキャパシティオーバーになる人は、向いていません。

人によってはシングルタスクのほうが効率よく仕事できる場合もあります。必ずしもマルチタスクが最良とは限りません。その時々に合った仕事の進め方を取り入れましょう。

■②切り替えが難しい

マルチタスクで仕事を複数同時に行っていると、仕事と気持ちの切り替えが難しくなります。

ひとつの仕事で何かトラブルや失敗があり、次の仕事にネガティブな感情を持ち続けてしまったらどうなるでしょう。新しい仕事に手がつかなかったり、集中できなかったりなどさまざまな支障が出ます。

■③焦りやすい

マルチタスクを取り入れると、時間に対するプレッシャーを強く感じるようになるのです。

「時間がない」「慌ただしい」「間に合わない」といった焦りが脳に強い負荷をかけるため、生産性が落ち、溜まってしまった仕事によって「時間がない」という感覚をさらに強めるという悪循環が起きます。

このような脳への強い負担によって、時間が細切れになった感覚に陥ってしまうこの現象は「時間汚染」とも呼ばれています。社会学者のジョン・ロビンソンによって提唱されました。

■④生産性の低下

今行っている作業を切り替え、集中力を元に戻すまで約15分間かかるといわれています。よってシングルタスクなら30分で終わった仕事が、マルチタスクで進めた結果1時間、2時間とかかってしまうといったように、生産性が下がる可能性もあるのです。

また集中力を保てず、生産性の悪いダラダラとした状態になってしまうケースも出てくるでしょう。

マルチタスクが苦手な人の特徴

人間の脳は元々、ひとつにしか集中して取り組めないシングルタスクの構造になっています。すなわちマルチタスクというのはシングルタスクをスイッチング(切り替え)しているだけなのです。

このスイッチングが上手にできるかどうかが、マルチタスクの向き不向きを左右しているといってもいいでしょう。ここではスイッチングが苦手な人、すなわちマルチタスクが苦手な人の特徴を見ていきます。

■こだわりが強い

マルチタスクに向いていない人の特徴として多いのが、こだわりが強く、ひとつに集中したい傾向が強いこと。

もちろん、ひとつに集中して取り組むシングルタスクでは、素晴らしい能力を発揮するでしょう。その反面こだわりが強いため、柔軟で臨機応変な対応ができず、効率よく物事を進めにくくなります。

■ミスをしたくない(完璧主義)

「ミスをしたくない」という気持ちの強い人ほど、ひとつに集中して慎重に物事を運びたいと思う傾向にあるため、マルチタスクには向いていません。

逆にシングルタスクでひとつに集中すると、生産性が上がる傾向にあります。ミスのない正確な仕事を望む人は、シングルタスクが向いているでしょう。

マルチタスクを効率よく行う方法

初めに述べたようにマルチタスクもシングルタスクも行うことは変わりません。それでは、なぜマルチタスクにおいて上記のようなデメリットが生じてしまうのでしょうか?それは目標を明確化し、達成までの道筋をブレイクダウンできていないからです。

ここからはその明確化のコツとプロセルのブレイクダウンの仕方について述べた後に一般的にマルチタスクを効率的に行う方法について紹介していきます。

■目標をブレイクダウンする重要性

目標のブレイクダウンの仕方次第でメンバーの行動は大きく変わります。
マネジャーはどのように目標をブレイクダウンすれば成果につながる行動を生み出せるかを考える必要があります。

図のようにブレイクダウンの方法次第でメンバーの行動の統率が取れます。ブレイクダウン無の時ではメンバーの行動はバラバラの方針で各自が活動します。

ある明確な意思のもとブレイクダウンされた目標があるとメンバーの行動はその指標を追うために一致団結して進めていきます。

この時にメンバーの行動をより統率し、一致団結させるために必要なものが目標の明確化になります。 続いて、目標の明確化について見ていきましょう。

■目標の明確化

目標の明確化の観点として良く取り上げられている者がSMARTの観点になります。 目標を立てる際に大切にされている5つの観点の頭文字をとってSMARTと言われています。

PDCAサイクルをより効果的に回すためにも、物差しとなるプランはより明確にすることが必要です。

SMARTの観点の詳細は以下の通りになります。

  • Specific(詳細化):ブレイクダウンの仕方次第で取るべき行動は決まります。目標を適切にブレイクダウンしましょう。
  • Measurablle(ものさし設定):ものさしのない活動がうまくいきません。行動したかしていないかどうかはっきりさせましょう。
  • Action plan(アクション明確化):精神論だけで達成することは難しいです。達成に向けたアクションプランを明確にしましょう。
  • Responsibility(責任者決定):誰がやるかを明確にすると人は動く。アクションごとに責任者を決定しましょう。
  • Time-bound(期限設定):いつまでにやるかを約束すると人は動きます。アクションごとに期限を設けましょう。

これらの観点に着目して、目標を明確化することで効果的なプランを設計することができます。これによりメンバーの行動も統率がとれ、組織としてまとまって目標に向かっていくことができます。

ここからは一般的にマルチタスクに取り組むうえで効率的な方法と言われているものについて説明していきます。

■「1×10×1」システム

仕事が積み上がってしまった際は、「1×10×1」システムで一気に解決しましょう。1分以内で終わる仕事を先に終わらせ、次に10分あれば終わる仕事を完了します。

最後に1時間あれば終わる仕事を終わらせると、山積みになった仕事を効率的に終わらせられます。これは仕事一つひとつの仕事に集中してシングルタスクの要領を得ながら、終わったら次のタスクへ移行するという方法です。

■パーキングロット思考

パーキングロットは「駐車場」という意味で、パーキングロット思考とは業務中にほかの仕事や外的要因が入り込んできた際、それを一旦脇に置いて、この業務が終わってから取り掛かるといった考え方のことです。

やり方は一旦脇に置いた仕事をメモしておき、ひとつの業務が終わった際にそのメモを実行する方法です。

■タスク管理ツール

タスク管理ツールを導入すると、下記のようなメリットが得られます。

  • 複数のタスクを管理できる
  • 現状を可視化できる
  • 優先順位が明確になる
  • 情報共有が円滑になる

ほかにスケジュール管理機能やファイル添付機能など別機能を追加するのも可能です。

複数のタスクを管理できる

タスク管理ツールを利用すると、複数のタスクの内容や納期、担当者などを記録できます。

個人として使用する場合はメモとしての機能を発揮し、チームとして使用する場合、コミュニケーションを取るツールとして利用できるのです。

管理ツールを通じて、認識の齟齬の確認やタスクへの共有なども行えるでしょう。

現状を可視化できる

タスク管理ツールは、現状確認やチームの方向性を見極める指標にもなります。

チャートやグラフなどで可視化されるため、どのメンバーがどのタスクをこなし、クリアしていっているのかを一目で判断可能です。

チーム内のモチベーションの維持、向上や改善点を見極める際の資料ともなるでしょう。

優先順位が明確になる

複数の仕事を同時進行で行う際、どの仕事の優先順位が高いのか、つねに把握する必要があります。しかしすべてを把握し続けるのは難しいもの。

そこでタスク管理ツールを利用すると、今やっている仕事の納期や優先順位を把握したり、次に取り組む仕事を的確に見極めたりできます。複数の仕事を掛け持ちするマルチタスクには、必要不可欠なツールです。

情報共有が円滑になる

タスク管理ツールでは、ファイル添付機能やチャット機能が利用できる場合も。社内だけでなく、リモートワークや出張先でも同じ資料を一斉に得られるので、情報共有がスムーズになるでしょう。

またタスク内でコミュニケーションも取れるため、伝達忘れやコミュニケーション不足による行き違いなどを防ぎます。情報の集約も図れるでしょう。

■スピード重視でコミュニケーションを図る

マルチタスクで必要なコミュニケーション能力をカバーしたい場合は、スピード重視で連絡をするのがポイントです。メールやLINEなど連絡がきたら、素早くレスポンスを送りましょう。

すぐに答えられないことでも、調べてから折り返し連絡するという内容の返信をすることが大切です。

逆の立場になって考えてみるとわかりやすいですが、レスポンスが早いと相手に安心感を与えられます。

マルチタスクが苦手でもスピード感のある返信を意識するだけなので、取り組みやすい方法です。即レスを続けるうちに同時進行の流れにも慣れてきます。

記事まとめ

このようにマルチタスクもシングルタスクも目標からそれを達成するまでのプロセスを明確にするという点では同じものです。

マルチタスクはシングルタスクを細かく切り替えているだけだと捉えるだけで苦手意識は少しは薄れてくるのではないでしょうか?

その時のシチュエーションに応じて適切に使い分けていきましょう。


▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら


LM編集部
LM編集部

理念・採用・風土・制度など組織人事のトレンドを発信しています。 基本的な用語解説から、多くの企業で陥っている実態、 弊社が培ってきた組織変革技術の知見を踏まえたポイント解説まで 皆様のお役に立ち情報をお届けします。

注目コラム

PDCAとは?PDCAサイクルの重要性、よくある失敗例と対策方法を解説

PDCAは、多くの企業でやビジネスマンが使用する、業務効率化のためのフレームワークです。しかし、PDCAが提唱され…

インセンティブとは?~制度の種類やメリット・デメリット、成功事例から導入時の注意点など~

企業成長のためには、戦略を実行する実行力が鍵を握ります。実行力を左右する要素の1つが…

アンガーマネジメントとは?研修に取り入れるメリットや効果、実践方法を解説

仕事中にイライラしてしまうこと、思うように感情をコントロールできないことはありませんか? アンガーマネジメント…

OJTとは?OFF-JTとの違いやメリット、指導方法のコツを解説

OJT(On-the-Job-Training)とは、実務を通じて業務を教える育成方法です。OJTは従業員の即戦力化を図ることがで…

レジリエンスとは?心が折れやすい人の特徴や鍛える方法を解説

コロナウィルス感染拡大に伴い、採用市場における潮目は大きく変化しつつあります。今後の採用市場で勝ち抜くため…

マネジメントとは?本質と役割、今の時代に求められる能力を開設

「マネジメント」強化は、環境変化の激しい昨今、益々重要度が高まっています。そのため、マネージャーの役割や…

新着記事

AQ(逆境指数)とは?IQ・EQとの違いや指数レベルについて徹底解説

AQ(逆境指数)とは、個人や組織が逆境に対処する力を指標化したものです。逆境に立たされたとき、それを乗り越える力は個人にとっても組織にとっても非常に重要です。本記事では、組織開発や人材育成などで注目されつつあるAQについて、その概念やIQ・EQとの違い、AQを構成する要素やAQの高い人・低い人の特徴などについて解説していきます。

帰納法・演繹法とは?考え方や活用シチュエーション例をご紹介

日常のコミュニケーションにおいて相手に自身の考えや気持ちを「伝える」ことは非常に重要になります。 しかし、「伝える」ことよりも「伝わる」ことが非常に重要になります。なぜなら、自分が伝えたことが意図しているように相手に伝わっているかはわからないからです。 相手に自分の意図した考えや気持ちが「伝わる」ために相手との「信頼関係」や「情理」が非常に大切ですが、構造的にわかりやすく伝える「論理」も同様に大切です。ここでは論理的に相手に伝える技術の一つである「帰納法」を掘り下げて述べていきたいと思います。

演繹法と帰納法の違いとは?考え方や鍛え方をご紹介

ロジカルシンキングの観点として、演繹法(えんえきほう)と帰納法の2つがあります。この2つは、高校数学で扱われる学校もあるため、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 ロジカルシンキングは、理系の学問に必要なイメージがありますが、社会人になると、あらゆる仕事において必要になってきます。今までロジカルシンキングを意識してこなかった文系の人や新卒の人は、特に苦手意識を感じてしまいます。

視座・視点・視野の違いとは?高めるメリットや方法を解説

皆さんは「視座が低い」「視点が違う」「視野が狭い」等のフィードバックをもらうことはあるでしょうか。 この記事では、「視座」「視点」「視野」のそれぞれについて説明し、「視座」を高めることによるメリットと「視座」を高める方法を合わせてご紹介します。 この記事が皆さんにとって「視座」を高めるきっかけになると幸いです。

フォロワーシップとリーダーシップの違いとは?役割や実践方法をご紹介

最近、「リーダーシップ」とともに「フォロワーシップ」というキーワードを聞いたことがあるのではないでしょうか?近年注目されてきている言葉で、あまりなじみがない方もいるかもしれません。 この記事では、フォロワーシップが注目されている背景や種類、活用方法などをお伝えします。

コーピングとは?種類や導入方法を徹底解説

ストレスに対処し、良い方向に転換させるコーピング(ストレスコーピング)は、プライベートだけでなく仕事においても心身ともに健やかに働くために重要視されてきているテーマです。 社内教育としての導入や、組織体制づくりに取り入れる等によって社員のパフォーマンス向上につなげようとする企業も増えてきました。 しかしながら、そもそもコーピングとは何か・一体どのように取り組めば良いのかという方も多いかもしれません。本記事では、コーピングの基礎知識や効果的な方法、取り入れ方についてご紹介していきます。

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味を持っています

コニカミノルタ株式会社様

2021-12-09

この不変の企業理念を原点として、社会にとって有益かつ 環境親和性の高い商品やサービスを提供しているコニカミノルタグループ。 同社にはどのような課題があり、どのような研修を実施することで、その課題を解決したのか。 また、その研修を通してどのような成果が得られ、現在、どのように組織風土が変化しているのか。 コニカミノルタホールディングス株式会社人事部 人事企画グループ課長の佐竹氏にお話しいただきました。

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ様

2021-12-07

クライアントの本質的な強みとカスタマーのマッチング、そして、新たなブライダルマーケットを創造するために 「営業ケイパビリティ」を型化し、営業パーソンに装着。

ITSS(ITスキル標準)とは? 社内で活用できるスキルの種類と運用のコツを紹介

2021-11-08

ITSSとは、「IT Skill Standard」の略称であり、IT人材に対するスキル体系のことです。現状の保有能力を数値化し、育成や評価の指標として活用できることから、近年注目を集めています。 本記事では、ITSSの意味や策定の目的、効果的な運用方法についてお伝えしていきます。

イノベーションの意味や定義とは?イノベーションに成功した企業の事例も紹介

2021-11-01

近年多くの企業が「イノベーション」というテーマを掲げています。しかし、従業員の方に「御社にとってのイノベーションとは何ですか?」と聞くと、「新しいビジネスを立ち上げることですかね・・・」「1人ひとりが新しい挑戦をすることですかね・・・」と歯切れが悪かったり、定義がバラバラであることが非常に多いです。 では、そもそもイノベーションとは何なのでしょうか?本コラムではイノベーションの意味(≒定義)について解説します。

承認欲求とは?意味や承認欲求が強い人の特徴は?メリット・デメリットも解説!

2021-11-01

承認欲求を求める若者が多いという言葉をよく聞くようになったと思います。 本記事では、様々な社会変化を背景によく耳にするようになった承認欲求に関して、改めてその意味や特徴、組織に与える影響を紹介するとともに、承認欲求が高い人が組織に与える影響やマネジメントのポイントなどを解説していきます。

ラポールとは?信頼関係を築く心理学・ビジネススキルについて解説

2021-09-13

ラポールというワードをあまり聞きなれない方も多いと思います。 ラポールとは心理学の世界で使われている用語で、信頼関係という意味があります。 ラポールが形成されていると、お互いに本音を打ち明けられるようになり、コミュニケーションの精度が高まります。 本記事では、コミュニケーションをとる上での”安心のインフラ”としてのラポールの効果や、ラポールを形成する上でのポイントを紹介します。

あなたの組織にも、課題はありませんか?

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

マネジメント育成の手引き

マネジメント育成の手引き

サービスご紹介資料

採用戦略の教科書

採用戦略の教科書
ページトップへ戻る