• HOME
  • コラム
  • 内省と反省の違いとは?内省力の育成方法と注意点を解説

内省と反省の違いとは?内省力の育成方法と注意点を解説




人材育成の現場において、「内省」という言葉・考え方が話題になっています。 似た言葉である反省は、日常的にも使用されていますが、内省については馴染みのない人も多いでしょう。

しかし、内省の目的ややり方をしっかり理解することで、人材育成や個人のパフォーマンス向上に活用できる可能性があるでしょう。

今回は人材育成に大きく関わる「内省」の意味やビジネスにおける効果、具体的な実践方法について紹介します。自身のパフォーマンス向上や、企業の人材育成に悩んでいる人事担当者は是非ご参考にしていただければと思います。


▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら サービス紹介資料ダウンロード




内省を行うメリットとは

内省(ないせい)とは、自分自身の心と向き合い、自分の考えや言動について省みることです。自ら気付きを得ることを目的にしており、客観的な視点から自己の言動を振り返ることをいいます。

日々起こった出来事に対してどう感じたか、なぜそう感じたか、なぜその行動をしたかなどを改めて深く自身に問い振り返る機会はあまりないと思いますが、これらを行い、自分の気持ちを分析することが内省です。

「内省」と似た言葉で「反省」という言葉もありますが、「反省」とは、誤った考えや言動を振り返り、必要に応じて周囲に周知する行為です。 一方「内省」とは、あくまで自ら気付きを得ることを目的に、客観的な視点から自己の言動を振り返るため、そこに自己批判的な意味合いは含まれません。

また、内省を英語にすると「リフレクション」となり、意味には

過去の行為などについて深く考え直す
鏡に映った自分や物事

などがあります。ビジネスや仕事の場面においては、現場や普段の仕事から離れた際に自分の言動を振り返ることを意味します。

変化のスピードが上がっている時代のなかで、仕事には常に行動・改善を繰り返すことが求められています。

普段の業務中は忙しく、なかなか自分自身に向き合うことはできないかもしれませんが、あえて時間を取って内省を行うことで、伸ばすべきポイントや改善点を見つけ、急激な変化にも自然と対応していく力が身につくのです。

また、仕事の中には、同じ作業を繰り返すルーティーンで進むものも多くあります。分業などを行いルーティーン業務を行うことには効率的な面もありますが、単純作業となってしまい人間に飽きを感じさせ、学ぶ必要性を低下させる点に注意が必要です。

そういったルーティーンの仕事であっても、内省することで日々の仕事に試行錯誤と学習の機会を与えることができます。

経験を通して深く学ぶ手法として「コルブの経験学習モデル」がありますが、これを実践することが内省でもあります。実践方法は後半でお伝えしますが、内省を習慣化できれば、自らの経験を振り返り続けることにつながり、新しい発想に至る可能性もあるのです。

それまで気づかなかった仕事の進め方やコツをつかむことで、仕事の改善や効率化が行われ、結果としてパフォーマンス向上に繋がることもあります。

では、内省を行うことで具体的にどのような効果があるのでしょうか?具体的に見ていきましょう。


内省力を育成する方法

■個人のメリット①:PDCA管理による業務の改善

普段の業務の中では、自分の言動や考えを振り返る機会はほとんどありません。

経験を沢山積んで改善・成長していくことも大切ですが、1つの経験をじっくり振り返り、なぜ失敗/成功したのか要因を分析し、次やるとしたらどうするか自分なりに考えることで、少ない経験で成功体験を積むことができるでしょう。

特に、仕事に慣れてしまっていると、業務の質や効率が悪いことに気づきにくくなります。そのため、一定の経験を積んでいる中堅社員が、自らが抱える課題に気付かず、成長が鈍化してしまい離職してしまうケースもあります。

社員一人ひとりが内省を習慣的に行うようになれば、問題点に気付きやすくなり、自己成長や業務改善に繋げることができます。また、自己の優れているところや改善点を把握できることで、業務の変化にも対応していく力を身につけられるでしょう。

■個人のメリット②:自己成長やセルフコントロール力の向上

内省を習慣化させると、技術的な業務改善だけでなくメンタル面も強化できます。

仕事のことで注意されたときに、感情的になってしまい改善に向かうことができなければあらゆる問題を引き起こす可能性があります。

失敗を後に引きずるのではなく、内省して客観的に事実を分析できれば、自分の改善すべき点が見え、感情を事実を切り離すことができます。

内省は人格形成に有効で、人間的な成長にもつながるのです。一つひとつの改善は劇的な変化はもたらさないかもしれませんが、日々振り返り努力をすることで、いつしか自信を持って仕事に取り組むことができるでしょう。

内省は、仕事で結果を残したり、人間的成長を続けるうえで、欠かすことのできない要素だといえます。

■企業のメリット①:組織としての生産性向上

社員一人ひとりの自律性が高まり、各々が主体的に業務改善に取り組んでいくため、チーム全体の力が底上げされ、組織としての生産性が向上します。

1人ひとりが自分自身に向き合うことで振り返りや改善のスピードも早くなり、上司やチームメンバーからのフィードバックも受け入れやすくなるなど、周囲との関わりの中で好影響もあるでしょう。

■企業のメリット②:メンバーの業務可視化によるマネジメントコスト削減

日報発信など取り入れる内省の施策によっては、内省の内容を同じ部署やチーム内に公開することにより今メンバーがどんな業務をしているのか、どんな気持ちで働いているのかが分かりメンバーマネジメントに活かすことができます。

内省を通じてメンバーの状態や業務を通しての気づきを知ることができれば、フォロー出来たり業務のフィードバック等もより効果的に伝えられるようになります。

リモートワークが主流となりチームメンバーの状態が見えづらい今だからこそ、内省を活かしてコミュニケーションを行い支え合うこともパフォーマンス向上においては重要となるでしょう。


具体的な実施の流れ

冒頭でもお話ししたように、内省をするための手法として「コルブの経験学習モデル」が有名です。

「経験学習モデル」は、学習者が自らの「経験」から「学び(気づき)」を獲得していくという「プロセス」を体系化した学習モデルです。

経験学習モデルでは「経験」→「省察」→「概念化」→「実践」という4つのサイクルを回すことで 学習の深化をはかります。

■実施の流れ①:事実を振り返る

最初に、体験した具体的な出来事を振り返ります。実際に起こった事をそのまま思い出すのです。経験学習モデルの「経験」に当たります。例えば、「クライアントに依頼されていたアウトプットを提出した」など客観的な事実です。

内省は自分の言動や考えを振り返ることですが、自分自身を追い込む必要はありません。真面目に向き合う人ほど「もっとできたはず」と罪悪感にさいなまれることがありますが、後悔や懺悔をするのではなく、客観的に事実だけを振り返ることが重要です。

慣れないうちは詳細な事実まで思い出すのは大変でしょう。しかし、内省するうちに、細かいところまで客観的に振り返ることができるようになります。

■実施の流れ②:要因を振り返り、見つめなおす

起こった出来事を客観的に振り返られたら、次は振り返った内容を深く見つめ直すようにしていきます。経験学習モデルでいう「省察」です。出来事を見つめ直したときに、自分自身が感じたことや何か気付きがあれば、欠かさず書き留めるようにします。

せっかく客観的に事実を振り返っても、自己分析するときに私情をはさんでしまうと、それは内省ではなく反省になってしまうので気を付けましょう。

そしてそのような行動をした理由、出来事が起こった要因を成功/失敗問わず考えます。

内省するときは、いかに冷静で俯瞰的に状況を捉えられるかが大切となります。自分に都合の良い考え方をしがちですが、自分の成長のために、しっかりと自分自身に向き合うことが重要です。

■実施の流れ③:抽象化して学びにする

次に起こった出来事や要因を抽象化するとどんなことが言えそうか考えます。経験学習モデルの「概念化」のステップです。

例えば起こった出来事が、クライアントに求められていたアウトプットを期日通りに提出できた

要因は、

・期日を事前にすり合わせていた
・上司と内容をすり合わせて相談しながらアウトプットを作ることができた

ということがあったとします。

この出来事を次も活かすために、

・仕事やタスクの期日は必ず相手とすり合わせる
・1人で悩んだときはすぐに上司に相談する

という風に抽象化して学びに変えることができれば、次以降も期日通りにアウトプットを出せる確率は上がるでしょう。

このように、学びを他に転用可能なものに昇華させることは内省においても重要です。

■実施の流れ④:具体的なアクションを決める

最後に、振り返りを踏まえて変えたりやめたりするアクションを決めます。経験学習モデルの最後のステップ「実践」にあたります。これは難しいことでなくても良く、簡単にできそうなアクションを置くのが良いでしょう。

アクションを変えてみて次にまた実践し、振り返り、と続けていくことで継続的な成長が見込めるでしょう。


効果的な内省を行うコツ

■コツ①:何に意義や喜びを感じるか振り返る

何に意義を感じ、何にワクワク感じるのかを知ることは、内省を行い自分のあるべき姿に近付くために重要です。同時に、それは「自分は社会から何を任されているのか」という使命を探すことでもあります。

自分自身の使命≒意義を感じ、やりたいと思えることを探し前向きに取り組むことで心身ともに健康的に努力を続けることができ、結果としてパフォーマンスも上がるでしょう。

「自分の気持ちが前向きになれるものは何か」をわかった上で内省を行うことで、よりスピーディに理想とする自分の姿に近付け、内省を効率的なものにします。

■コツ②:組織の使命との擦り合わせを考える

上記の自分がワクワクすることを、組織の使命とすり合わせることで、仕事上の内省はますます効果を発揮します。人間は本当に自分がやりたいと感じていることにしか、深く内省できませんし、継続も難しくなるでしょう。

やりたいことと組織の使命が重なることで、周囲からも称賛や応援を得やすくなり、結果として頑張り続ける原動力にも繋がるでしょう。

組織の使命が自分のやりたい事ときちんとリンクし、仕事を実践することで、自然と内省しやすい状況を作りだせます。

■コツ③:固執はしない

先に述べたように、個人の使命と組織・企業の使命が、しっかりと重なっていくような内省は理想的です。ただし、内省によって得られた使命に固執すべきではありません。

軸や芯を持つことは大切ですが、企業を取り巻く環境が変わっていく中で変化を受け入れる柔軟さがなければ、内省による改善が行われないからです。

内省を繰り返すなかで、変えるべき点はきちんと変化させつつ、柔軟に成長を続けることが重要になります。


内省を行う注意点

■コツ①:完璧を求めすぎない

内省して業務の改善や働く意義を見出すことは確かに重要ですが、内省の内容やクオリティに拘りすぎる必要はありません。あくまで自分自身で向き合う姿勢や、それを続ける行為自体も重要です。

このやり方で合っているのか?うまく内省できていないのではないか?と考えすぎで完璧にやろうとするのではなく、まずは内省を行うこと、簡単でも良いので継続することが大事です。

そうすることで効果的な内省のやり方や自分との向き合い方も分かってくるはずです。焦らず自分自身と向き合う習慣を身につけましょう。

■コツ②:反省会にならないようにする

冒頭にお伝えしたように、内省と反省は別物です。振り返りを行っていると真面目な人たちほど自分や他人を責めてしまうことがありますが、内省の目的は自ら気付きを得ることです。

なぜできなかったのかと失敗を責めてネガティブな気持ちに陥るのではなく、客観的な目線で事実を捉え、今後に向けての改善を行いましょう。

■コツ③:狭い視野で完結しない

不慣れなうちは、内省を行っても狭い視野の中で物事を考えたりしてしまいがちです。起こった物事の深堀が浅かったり、要因を自分だけに起因させてしまったり、解決策が単一的になってしまったりすることが良く見受けられます。

経験と引き出しが少ないとどうしても考えることが難しいこともあるので、上司や先輩のサポートを受けたりしながら内省を行ってみると、自分だけでは考えられなかった視点を得られたり解決に向けて有効なアドバイスを貰えることもあるでしょう。


記事まとめ

いかがでしたか?内省を行う過程は反省と似ているため、主観的な判断にならないように注意が必要です。しかし、実行するのに気を付けなければならない反面、内省を行うことでたくさんのメリットが得られます。

内省はどんな仕事においても重要なスキルですし、仕事以外においても自分のありたい姿に近づくための効果的なセルフコントロール術といえるでしょう。

まずは、自分自身が抱える問題と向き合うためにも、内省を習慣化させられるように努めましょう。繰り返し内省を実践していけば、自己成長を続けられる人になるでしょう。


関連サービスSERVICE



この記事を見た人は、こんな記事も見ていますRELATED COLUMN



新着コラムNEW COLUMN



サービス紹介資料ダウンロード