ストレスマネジメントとは?効果とその方法を解説



仕事や日常生活においてストレスを感じる場面があるでしょう。変化の激しい現代においては、ストレスにうまく対処していくことが重要視されています。そこで役立つのが「ストレスマネジメント」です。

今回はストレスの起こる原因を探り、対処するための具体的な方法や効果をお伝えします。

営業担当者は旧来の価値観や営業スタイルだけではなく、新しい時代に必要なスキルや知識、振る舞い等も身に着けていかなくてはなりません。ビジネスを取り巻く環境変化が激しい現在、営業担当者の育成はさらに重要な課題となっていくでしょう。

今回は、営業研修が必要な理由、よく行われる営業研修の内容、実施するにあたってのポイントについてご紹介します。

▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら サービス紹介資料ダウンロード




ストレスとは?

■ストレスとは?

「ストレス」とは、生活上のプレッシャーおよび、それを感じたときの感覚です。現代ではストレスを和らげる方法として、瞑想やマインドフルネスが取り上げられブームとなっていますが、ストレスは精神的なものだけでなく、寒さ熱さなど生体的なストレスも含みます。

こころや体に影響をおよぼす「ストレッサー」には、大きく分けて「物理的ストレッサー」「化学的ストレッサー」「心理・社会的ストレッサー」の3種類があります。
→ストレスの要因=ストレッサーを認知することでストレスを感じ、精神や身体へ影響が及びます。

ストレスマネジメントはどのような現場で活用されているのでしょうか。具体的な事例を紹介します。



■ストレスの原因と反応

ストレスの原因となるストレッサーには大きく分けて「物理的ストレッサー」「化学的ストレッサー」「心理・社会的ストレッサー」の3種類があります。

物理的ストレッサー

温度や光、音など物理的な環境刺激のことを指しています。

化学的ストレッサー(公害物質、薬物、酸素欠乏・過剰など)

化学物質や有機溶剤、金属、アルコール、タバコ、薬物、食品添加物といったものを指しています。

心理・社会的ストレッサー(人間関係や仕事上の問題、家庭の問題など)

普段私たちが「ストレス」と言っているものの多くは「心理・社会的ストレッサー」のことを指しています。不安、焦り、いらだち、怒り、緊張、抑うつといった感情をともなう「心理的ストレッサー」と、情報過多や過密な都市生活、経済問題、政治問題、職場関係といった「社会的ストレッサー」に分かれます。

心理的ストレッサーには、締め切り期日や試験終了時間が迫ってきて焦るような時や周囲に遅れないように慌てている時などのように時間を意識しているときに感じる「時間のストレッサー」や、ノルマや目標の達成、仕事上の義務など、過大なことをしなければならないことがある時に感じる「課題のストレッサー」などがあります。

▼【管理職育成のポイント】が分かる資料はこちら マネジメント育成の手引き

ストレスマネジメントとは

■ストレスマネジメントとは?

ストレスマネジメントとは、ストレスとの上手な付き合い方を考え、適切な対処法をしていくことです。

ストレスは、誰でも日常的にでも受けるものです。しかし、中にはストレスによって様々な症状がでたり、疲れてしまったり、時には大きく健康に影響して病気になってしまうこともあります。

そのように身体や心に悪影響を起こすストレスに対し、どのように対処しどのように付き合っていくかを考えることを、ストレスマネジメントと呼びます。

ストレスマネジメントにおいては、まず自分がストレスを感じていることやストレスの要因(ストレッサー)に自覚的になり、要因に対処するための方法を考えていくことが重要です。


■ストレスマネジメントを用いる現場

企業の現場

コロナウイルスによる環境変化もあり、各業界や企業に激し変化が起こっています。変化に適応するのには時間も労力も要するため、ストレスを感じる方は多くいるでしょう。

仕事の目標に対するストレスや、業務量の多さに対するストレスなど、人により様々なストレッサーがあるので、チームメンバーや上司などが一体となってサポートしていくことが重要です。

介護の現場

介護の現場では、仕事中のさまざまな場面や労働条件などからストレスを抱える人も多いです。ストレスを放置すると、離職や被介護者への虐待、不適切なケアにつながることもあるため注意しなくてはなりません。

仕事が忙しすぎてきつい言葉を投げかけたり、周囲のサポートを得られずにイライラが募って厳しい態度を取ったり、ストレスが爆発して高齢者虐待に至ることも。こうした事態を避けるためにも、適切なストレスマネジメントが求められています。

また、介護職員のストレスを和らげるには、組織的なサポートが必要です。

看護の現場

看護の現場では、日常的に病気や生死に関わる状況に接します。また、他の職種に比べて業務量が多く、仕事のコントロールも効きにくいため、ストレスのかかりやすい職業だといえるでしょう。

看護職特有のストレッサーは、緊張感のある職場、医師などの看護職への無理解、厳しい労働環境、患者や家族との関係などが挙げられます。メンタルに不調をきたすリスクが高い職種のため、ストレスマネジメントの適切な活用が欠かせません。

教育の現場

教育の現場では、「ストレスによってメンタルに不調をきたした子どもへの対応」と「事前予防のためのメンタルヘルス教育」の2つの観点からストレスマネジメントが実施されています。

ストレス反応の種類を知り、ストレス対処法(コーピング)を身に付ければ、ストレスをコントロールできるようになります。メンタルヘルスに不調をきたさないよう、また日常の場面から活用できるような教育が必要でしょう。

ここではストレスマネジメントを用いる現場として「介護」「看護」「教育」の現場を取り上げています。共通していることは、ストレス負担が増えると高齢者や子供など、接する対象に不適切なケアを行ってしまう可能性があることです。

これらの共通項を鑑みると、これらの現場だけでなく、企業の管理職やリーダーなどもうまく取り入れストレスに対峙していく必要があると思います。以下の例をもとに、ぜひご自身の環境でストレスマネジメントを取り入れる理由について考えてみてください。


ストレスマネジメントの効果

■精神面の健康

ストレスが積み重なってくると精神に影響が及び、次第に身体に影響が出始めてはっきりとした症状として現れてきます。ストレスが原因となって引き起こされる病気の例としては、うつ病や自律神経失調症などがあります。

厚生労働省によると、15人に1人は生涯に1度はうつ病になるという結果が出ています。

うつ病はストレスを受け続けることで脳内の神経伝達物質が崩れ、脳がうまく機能しなくなります。そのためネガティブ思考になったり、憂鬱な気持ちになったりします。また、不眠やだるさなど身体に影響が出ることもあります。

ストレスマネジメントを行うことで、こういった病気の原因であるストレスが積み重ならないよう未然に防ぐことが可能になります。


■職場環境の改善

ストレスがあると、周囲の人にもきつく当たってしまったりしてしまうことがあると思います。組織内にストレスと上手に付き合える従業員が増えれば、職場環境が明るくなるでしょう。

ストレスがたまっていると身体にも影響が及び、遅刻や業務パフォーマンスの低下に繋がることも少なくありません。

1人ひとりのメンタルヘルスを健全に保つことで、結果として組織全体の効率や環境の改善に繋がるでしょう。


■コミュニケーション・エラーの防止

コミュニケーション・エラー(コミュニケーションの齟齬)は、送り手の情報が曖昧であったり、受け手が思い込みで解釈をしてしまった場合に生じます。

アメリカの心理学者ラザルスは、心理的側面からストレス論(心理的ストレスモデル)を展開しています。そこにおいては、人が何らかの刺激を受けたときに、ストレスとして認知されるかどうかは受け手によって異なると言われています。

自分がストレスに感じないことでも、相手にとってはストレスに感じてしまうことも人間関係の中では起こり得るでしょう。相手との感覚をすり合わせながら、メンバー1人ひとりのメンタルヘルスを健康に保てるようにしていきましょう。


ストレスマネジメントを導入する方法

■セルフケア

労働者自身がストレスに気付き、これに対処するための知識・方法を身に付け、それを実施することをセルフケアと言います。

ストレスマネジメントは1人で実施することはなかなか難しいため、セルフケアにおいてはストレスに気付くことに重きを置いています。

ストレスに気づくためには、ストレス要因に対するストレス反応や心の健康について理解するとともに、自らのストレスや心の健康状態について正しく認識できるようにしましょう。


■ラインケア

部長や課長などの管理職が、部下の心のケアや職場環境の改善をする取り組みのことをラインケアと言います。

ストレスがあることに本人が気づきづらいこともあるので、早期発見のために、管理職は、日頃から部下の様子を観察し、コミュニケーションを絶やさないことが大切です。

また、部下が自身の変調に気づいたときに、気軽に相談できる環境が必要です。そのためには日頃から、部下の信頼関係を築いておくことが重要です。また、個人的に面談する機会を定期的に設けたり、専任の相談員を設置したりすることも有効でしょう。


■社内専門家

内部もしくは外部の専門家にストレスマネジメントを委ねるケースもあります。

例えば、産業医やカウンセラー、保健師や精神科の医師などが当てはまります。中小企業などでは人事労務担当者が兼任する場合もあります。

これらの専門家が社内に常駐していない場合、特に従業員50名以下の企業では産業医等を選任する義務が無いため、適切に外部との連携をはかる必要があります。


■社外の専門家

社外専門家は、社内専門家から紹介を受けることなどで利用でき、社内専門家だけでは対応が難しい場合などに活用できます。

都道府県産業保健推進センターや地域産業保健センター、中央労働災害防止協会、労災病院、など社外専門家を活用することも重要です。

ストレスマネジメントでは、対象者だけがストレスに向き合うのではなく、上司や社内専門家、社外専門家が連携して、従業員が心身ともに健康でいられるための仕組みを整えることが求められるのです。


コーピングの手法

ストレスマネジメントを行う上で有効な、コーピングの手法について解説します。

ストレスマネジメントはストレス管理のことで、心身を良好に保つために適切な処理をすることを表します。対してストレスコーピングはストレス対処法のことで、 ストレスを軽減するための方法やスキルを表しています。

つまり、ストレスマネジメントを行うための手法の1つとしてストレスコーピングがあります。

ストレスコーピングには、ストレスを引き起こす因子そのものを取り除く事を目的とした「問題焦点型コーピング」と、認知行動療法的なアプローチを行う「情動焦点型コーピング」の2種類があります。


■問題焦点型のコーピング

現在直面している問題や状況に立ち向かい、直接的な解決を目指したり具体的な対策を立てるアプローチです。

上司や同僚、家族など身近な人に相談することも方法のひとつです。悩みや不安に感じていることをはき出すだけでもストレスは軽減することができ、解決に向けて周囲の人々の力を借りることができるでしょう。

さらに環境を変えたりすると、ストレスを根本から解消できます。たとえば勤務時間の長さなどの業務負担が大きい場合、担当業務を減らすことでストレスが軽減されます。

また、弊社リンクアンドモチベーションでは、以下のように視界を切り替える技術を自分自身や、周囲の人に活用することでも問題解決に繋がると考えます。

・タイムスイッチ

“短期⇔長期”“過去⇔未来”など「時間感」を広げたり、狭めたりすることで自分が持っていない視界で物事を捉える。

・ズームスイッチ

“低⇔高”、“狭⇔広”など「空間感」を広げたり、狭めたりすることで自分が持っていない視界で物事を捉える。

・チャンスフォーカス

気づいていない、もしくは気づいていても重要視していない「得られるもの」に目を向けさせることで、持っていない視界を提示します。

・リスクフォーカス

気づいていない、もしくは気づいていても重要視していない「失うもの」に目を向けさせることで、相手が持っていない視界を提示します。

・ゴールフォーカス

そもそもの「実現したいこと」に改めて目を向けさせることで、相手に足りていない視界を提示します。

そもそも周囲に話しづらい内容であったり、話せる人がいない場合は職場や公的機関の相談窓口を利用しましょう。業所側からは、相談しやすいよう認知の機会を増やしておくなど、窓口を広げておくことが重要です。


■情動焦点型のコーピング

問題そのものの解決ではなく、自分の気持ちや感じ方、考え方を調整するアプローチです。辛いという感情を和らげることを重視する対処法で、ストレッサーとなる原因に直接対処するのではなく、自分自身の感情を間接的にコントロールしてストレスを緩和します。

例えば、リラックスするための呼吸法を身につけたりヨガなどを行うと、心が穏やかになります。普段の仕事中に疲れたと感じた際、目をつぶって腹式呼吸を行うとリラックスできます。また簡単なストレッチなどで体のコリをほぐすのもよいでしょう。

また弊社リンクアンドモチベーションでは、セルフコントロール手法の1つとして「変えられること」と「変えられないこと」の整理をお伝えしています。

風邪により頭が痛い、など悩んでも自分で解決できなことに目を向けるのではなく、解決するために薬を飲む、病院に行くなど、自分の力で解決できることに注力することで自分の気持ちを調整し、解決に向けて行動していくことができるでしょう。


記事まとめ

ストレスマネジメントを学び自分で自分のストレスに対処する力を身につけることは、長く働き続けるうえでも重要です。

対処法にはさまざまなものが考えられるので、日常に習慣として取り入れやすいものを試してみてください。社員一人ひとりが継続的にストレスマネジメントを実施することで、健全な心身と業務パフォーマンスを保つことができるでしょう。

すでに自分だけでは解決できないような症状が出ている場合には、ストレスマネジメントでの自己解決だけに頼らず、精神科などの医療機関を受診しましょう。


■参考サイト

厚生労働省 e-ヘルスケアネット

著者プロフィール

  

湯浅 朱菜

【プロフィール】
採用を主な専門領域とし、 リンクアンドモチベーション入社後、ベンチャー企業向けのコンサルティングに従事。 現在は採用の専門性を活かし、大手企業の採用コンサルティング支援を行う。 IT系業界、小売業界など幅広い業界の企業様にコンサルティング経験を持つ。

▼【管理職育成のポイント】が分かる資料はこちら マネジメント育成の手引き

注目コラムFEATURED SERVICE



 



おすすめ記事RECOMMEND



この記事を見た人は、こんな記事も見ていますRELATED COLUMN



新着コラムNEW COLUMN



サービス紹介資料ダウンロード