若手の早期戦力化について教えてください。

Q. 若手の早期戦力化について教えてください。

昔と比べて業務量は増えているのに、人員は減っています。 若手が早く戦力化してくれないと業務が回っていきません。 若手を早く育てる良い方法はありませんか?

A. コンサルタントの回答

人はどんな時に成長をするのかご自身の経験を振り返って考えていただくと、 崖っぷちに立たされた局面を切り抜けた時と言えるのではないでしょうか。

人を育てることが上手な上司は、その人の成長度合いに合わせて、適度な崖っぷちを用意してあげています。 本人がピンチと思えるような状況を演出することで、 「誰かが守ってくれる」「最終責任は自分にはない」といった依存心を徐々にはがしていくことができます。

会社のブランドイメージや、顧客に迷惑をかけない、という配慮は前提として大事ですが、 そればかりに過剰に捉われることなく若手社員にチャレンジさせる場を演出してあげてください。

著者

  

LM編集部

理念・採用・風土・制度など組織人事のトレンドを発信しています。
基本的な用語解説から、多くの企業で陥っている実態、 弊社が培ってきた組織変革技術の知見を踏まえたポイント解説まで 皆様のお役に立ち情報をお届けします。
▼【新入社員育成のポイント】が分かる資料はこちら 新入社員早期戦力化3つのポイント

注目コラムFEATURED SERVICE



 



関連する事例CASE



おすすめ記事RECOMMEND



この記事を見た人は、こんな記事も見ていますRELATED COLUMN



新着コラムNEW COLUMN



▼【新入社員育成のポイント】が分かる資料はこちら 新入社員早期戦力化3つのポイント


新入社員早期戦力化3つのポイント