成長の方向性を示せないのですが、どうすれば良いですか?

Q. 成長の方向性を示せないのですが、どうすれば良いですか?

メンバーとの面談で、これまでの振り返りと今後の方向性を策定する際、 これまでの行動についてフィードバックをすることはできるのですが、今後の成長の方向性を示すことが難しいです。 どうすれば、正しい成長の方向性を示すことができるのでしょうか。

A. コンサルタントの回答

メンバーのビジョンを描くためには、 メンバー自身の「やりたいこと」「やれること」「やるべきこと」を明確にし、 それらを満たしたビジョンを策定することが必要です。

まず、メンバー自身の思考特性や物事の判断基準などを理解して「やりたいこと」を描き、 メンバーのスキルを正しく把握することによって「やれること」を知り、 会社の成長の方向性を理解した上で、それを実現するためにメンバーに求める期待を 明らかにすることによって「やるべきこと」を示す必要があります。

これら3つを満たすビジョンを策定することができれば、 自ずと正しい成長の方向性を示すことができるようになるのではないでしょうか。

著者

  

LM編集部

理念・採用・風土・制度など組織人事のトレンドを発信しています。
基本的な用語解説から、多くの企業で陥っている実態、 弊社が培ってきた組織変革技術の知見を踏まえたポイント解説まで 皆様のお役に立ち情報をお届けします。

注目コラムFEATURED SERVICE



 





おすすめ記事RECOMMEND



この記事を見た人は、こんな記事も見ていますRELATED COLUMN



新着コラムNEW COLUMN



あなたの組織課題や目指すべき未来から最適なソリューションをご案内させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせをお願いします。

お見積りはこちら