• HOME
  • コラム
  • 職場に活気がありません。どうすればよいですか?

職場に活気がありません。どうすればよいですか?

Q. 職場に活気がありません。どうすればよいですか?

どうも職場に活気がありません。職場内での嬉しい出来事や喜ばしいトピックにもどこか知らん顔です。 少しでも職場を活気つける為のアイデアはありませんでしょうか?

A. コンサルタントの回答

社内外のコミュニケーションツールとして、「メール」はいまや不可欠ですよね。 この「メール」をうまく活用してみるのはどうでしょうか?

メールは活用次第で、単なる情報共有の機能を超えて、 意思や想い・考え方をを込めた「メッセージ」としての意味を持つようになります。 新入社員の初受注など、全社員宛のメールで共有すると、本人はもちろん周囲のやる気もアップし、 職場も活気づくこと間違いなしです!!

ポイントは2つです。

ポイント1
オールメールの役割や活用法を共有しておく。 大切なのは「必見メール」と認知してもらうことです。 そのために「内容のガイドラインを決めておく」「メールルール」を決めておくなど、 事前に共有することをオススメします。

ポイント2
発信は「瞬時」が原則! 旬なメッセージが人を動かす!

情報やメッセージは旬が命。 発信担当者を明確にする、旬な情報が発信者に集まる仕組みを作る、
すぐに読みたくなるタイトルにする、など工夫が必要です。 さぁ、今日から早速実践してみてはいかがですか!?










あなたの組織課題や目指すべき未来から最適なソリューションをご案内させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせをお願いします。

お見積りはこちら